整体院のリピート率を上げるために必要なこと。

おはようございます。粕谷雄三です。

今日は整体イベントの日。8時から予約が入っているので、施術した後すぐに会場に向かう予定です。

整体イベントの予約は今のところ3人だったかな。

前回が2人だったのでそれよりもいいのでこの調子で増えていけばうれしいですね。

さて、昨日は久しぶりに新規の方を1日に3人も施術しました。

3人とも施術の効果に驚いていましたが、気に入ってくれ次回の予約を入れてくれました。

最近は次回予約を入れるかどうか、通ってくれるのかということを施術をする時に考えなくなりました。施術は整えることだけに集中。通ってもらうかどうかは、施術後に提案してお客さんに委ねる感じです。

「こんな施術で、こんな効果が出ますけど、次回の予約はどうしますか?」というような感じで聞くだけ。自分の意識はいれません。

なぜなら、通うかどうかはお客さんが決めることだからです。お客さんが望むものを知ってそれの解決策を提示することまでが僕の仕事。あとは、結果なので僕がコントロールできるところではないのです。コントロールできないことを変えようと思っても無駄ですからね。ここが割り切れるようになったのはいい傾向です。

しかし、昔よりもリピートする人が増えてるような気がします。それにお客さんとの関係性もよくなりました。

昔は、次回の予約を入れてくれるかな、それとも入れないかな、、、なんてお客さんの顔色を見ていた部分がありましたからね。お客さんはバカではありませんから、こっちが考えていることは、なんとなく雰囲気で感じ取るのです。次回の予約を取ろうとしているなと。

なので、まずは相手の求める目的のために施術に集中することが必要です。

これができればリピートしてくれる人は自然と増えるんじゃないかというのが最近の考え方です。

テクニック的なものでリピートしてもらおうとしても、商売でやっているんだなという胡散臭い印象を持たれるだけです。もちろん、商売でやっているのですが、人の体を扱う仕事はまずその人のために施術をするという気持ちが全面に出てないとお客さんは嫌がります。

まあこれはどんな商売にも言えるかもしれませんが。。。

リピートの方法を考える前にお客さんの目的をしっかりと考えたほうがいいと思います。

お客さんに寄り添うことができてリピートしてもらう方法は生きる。

あり方があってスキルが生きるように、お客さんの目的ありきです。

そこを勘違いするといくらマーケティングを勉強してもリピートが増えない、売り上げが上がらない、という悪循環に入っていくのかなと思います。

まずは方法よりも、目的やあり方が必要だということですね。

ーかすやゆうぞう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です