排除しない効果!

昨日は、予約の入っていない時間にクライアントに向けた動画を3本ほど撮影する予定でした。しかし、当日の新聞折込みで新規のクライアントから3件も問い合わせがあったので、動画を諦めて急遽予約を入れ施術することにしました(最近クライアントと向き合って話したりするのが楽しくて早く予約を入れたくなっちゃうんですね)。

あ、あとフリーペーパーからの予約も入ったのでこの日の新規クライアント4件ですね。

1日に4件の問い合わせも僕の整体院では珍しいのですが、当日の予約を4件入れたことなんてないんじゃないかな・・・?普段なら予約が埋まっていたり、時間が合わなくて予約を入れられなかったりしますからね。

できれば、計画通りに動画を撮るために予約を違う日にしてもらう方がいいと思うのですが、気持ちがクライアントに向いているとつい予約をいれたくなってしまうんですね。

で、4人の新規クライアントの施術をしました。その4人を施術してあることに気づきました。

次回予約を入れる人、1回で終わる人の違い

予約を入れる人は、「なぜ、施術をうけるのか?」が明確です。

例えば「どんな結果を期待しているのか?」と質問すると、「来週に旅行があるからそれまでに少しでもよくしたい」とか、「出張があるからこのままだと移動がきついかなと思って・・・」とか目的がはっきりしているんですね。

逆に、1回で終わる人は、質問をしても理由がはっきりしないんですね。なんとなく、きちゃったみたいな。。。すると治すための理由ないので次回の予約を取らずに帰っていくんですんね。当たり前ですね。

前のぼくだったら、カウンセリングだけして追い返してしまっているかもしれない^^;

当時は、クライアントの排除ばかりしていましたからね。

でも、今では親身になってゴールがない人、つまり興味本意の人にも施術をしています。なぜかというと、通う気がないのは分かっていても1回でも来てくれたこと感謝することが大事かな、と。

これ、時間の無駄のように思うかもしれませんが、効果は絶大。実感しているのはクライアントとの関係性が良くなったこと。対立の関係が横並びの関係になれたということですね。

その感覚になってからは波長が良くなって、クライアントを引き寄せているような感覚があります。あくまで感覚ですけどね。なので今まで反応しなかった人まで反応させているのかなと。

一人一人のクライアントと親身になって向き合う。ここは原点ですね。

これをすることで自分の望むクライアントとの関係を作ってくれてるような気がしますね。

この感覚になってからは、クライアントを何人施術しても疲れなくなりましたしね。

丁寧に一人一人と向き合う。もし、あなたができていないな、と思ったらお試し目的の人にも全力で話しを聞いて施術してみてください。それをきっかけに、あなたの波長が変わり現実が変わるかもしれませんよ。

ー粕谷雄三

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です