捨てる作業

商工会の脱退の連絡をしました。

入会のきっかけは1年前に商工会の人が直接勧誘に来たこと。地域のプレミアム商品券が使えるのは商工会に入会しているところだけということで商品券の効果を確かめるために入会。その効果はというとほとんどなし。1年間で2人の人が使ったくらいですね。

で、入会後すぐに支部の食事会にも参加。目的は雰囲気を知るためだったのですが行って後悔しました。なので1回行っただけ参加しただけであとは参加しませんでした。

1年間入会して商工会で何かメリットがあれば続けようと思いましたが、年間会員費5400円を払ってまで続ける価値はないかなと思ったので昨日解約したということです。

勝手な意見を言わせてもらうと、地域の活動をしたい人、行政と関わりたい人にはいいかもしれませんが、僕のようにな価値観を持っている人にはきっともの足りないと思います。

もちろん、その場を活かすかどうかは自分次第なのですが。。。

そんなこともあり脱退の手続きをしたのですが、脱退する作業も面倒くさく感じました。ただ電話をかけてFAXを送ってもらい記入して送り返すだけなのですが、そこに時間をかけるこがもったいない。安易に入会したことを反省し次からは気をつけようと思いましたね。

そうそう、商工会だけではなく今参加している治療家の団体も脱退予定。

その団体は毎月の会員費が発生しているので、これを払ってまで所属する意味あるかなとと思ったらもういいかなと。もともと、団体での活動をしたいのではなく、技術に興味を持っただけだったので毎月の会費を払ってボランティア活動をするのは自分にとって嬉しくない。

ボランティアするくらいなら、もっと稼いで税金を払ったほうがいい。その方が余程社会に貢献できると思いますしね。ボランティアという言葉をがあまり好きじゃないのでその言葉が出た時から違和感を感じ続けています。

ただ、技術が魅力的なのでは事実。ただもうそろそろ脱退のときなのかもしれません。

団体に入ると、そこのコンセプトが自分と合えばいいのですが、合わないことがほとんど。そうなるとお金を払ってまで居続けるのってなんか違うなとなります。自分の中でスッキリしないのはマスタープラン実現に向けてマイナスなので、定期的に整理したいところ。

 

まあ、どうするかもう少し考えます。

ーかすやゆうぞう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です