捉え方

昨日のブログで鍛えることを書いたこともあって

まずは分かりやすく身体を鍛えるところから始めてみた。

 

ジムに行って筋トレを30分だけやったが

追い込んで筋肉を痛めつけたので

今日は身体がバキバキ。

 

でも、このバキバキ具合が気持ちがいい。

 

普通なら身体が痛いとストレスになる。

だが、バキバキになる覚悟で鍛えたから

バキバキになのが気持ちいい。

 

捉え方次第で行動が変わることを実感。

 

昨日の筋トレもそうだが

捉え方で日々の行動が変わる。

 

整体院でDMやニュスレーターを出そうと思っても行動できない。

チラシやホームページ、症例報告のブログを書こうとは思うが行動できない。

 

なぜできないのか、というと

目的が集客になっているから。

 

つまり、売上を上げるために行動を起こそうとしているということ。

 

売上をあげないといけない理由が

明確にあればいいかもしれない。

 

だが、今、十分に生活できているなら

それは目標にならない。

 

結果行動に移せない。

 

これは僕の価値観の中で

売上を上げることの優先順位が高くないから。

 

じゃあ、行動するための目標は何か。

それが昨日のブログにも書いた

自分を鍛えて成長させること。

 

自分を鍛えることが目的になると行動できるようになる。

 

やりたいとか、やりたくないとか

そんな感情的なものは全て押さえ込まれる。

 

学生の時のサッカーの練習でも同じ経験をしていた。

 

サッカーの練習は好きだったが

体力強化は好きではなかった。

 

だから、体力をつけるためのトレーニング

つまり持久走をする時は練習に行きたくなかった。

 

ほんと憂鬱になったのを覚えている。

 

自主練習では絶対にやらないしね。。

 

でも、体力トレーニングをすると

試合で今までと違った結果が出た。

 

真夏の連戦でも最後まで体力が持つ。

 

トレーニングしない時は

後半に入るともう足が動かなくなり

精神的に諦めた部分が多かったが

最後まで走りきることができて

試合に集中できた。

 

結果、相手よりも走る量が増えて

試合も優位に進めることができる。

 

この結果を体感すると

やりたくないなんて関係なくて

今よりも成長できて

試合が楽しみになるならやるしかない、となる。

 

整体院の仕事でも同じで

やれば成長できると捉えると

やることに意味が出てくる。

 

ニュースレターを書くのも

知識のアウトプットになる。

 

チラシやホームページの修正も

クライアントさんのことを考える時間になる。

 

そうやって深掘りして

新しい気づきを得られる。

 

知識はアウトプットすることで

自分のものになるから

やればやるだけ成長できる。

 

つまり、行動がトレーニングになる。

 

集客目的になると行動できないけど

自分の成長、自分を鍛えるためだと捉えると

行動が簡単にできる。

 

最初ができれば、習慣になる。

考えなくても身体が勝手に動いてくれるから

もう鍛え続けるだけの習慣になっていく。

 

今まで思ったような行動ができなかったのは

捉え方が違っていたからだということ。

 

やっぱり価値観に合ってないのに

頑張ることはできない。

 

行動できないなら、行動できるような捉え方をすることだね。

 

ーカスヤユウゾウ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です