成果を出す人に共通するのはコレ!(僕の思い込みかもしれませんが・・・)

セミナー後の忘年会。

 

会場は個人の寿司屋。

 

カウンターに8人並ぶという変わった忘年会になりました。

 

もちろん、お寿司は美味しいのですが

大将のキャラがこのお店が人気の理由かなと。

 

で、忘年会では隣に座った方と話していたのですが

今まであまり会ったことがないタイプの人でした。

 

その方は会社を立ち上げて1年で

1億円の売上を上げたという実績を持っていました。

 

それも従業員はいなくて奥さんと2人でその売上。

 

実質は奥さんがほとんどの実務をやっていて

その方は数字を見ているだけ。

 

なので、時間が余って暇していると言っていました。

 

今後のビジョンを聞くと

あと3年で年間の売上が10億円の

会社にしたい、ということだった。

 

それ以降は今は現実味がないから

想像できないとのこと。

 

せっかくの機会なので

これだけ急成長した理由が知りたくて

 

そのビジネスを始めたきっかけを聞いてみると

「儲かりそうだから・・・」とのこと。

 

う〜ん、、、これって

僕の中で典型的な上手くいかないパターンでは。。。

 

でも、実際に成果を出している。

ということは

これは僕の思い込みなんだなと。

 

 

 

情熱があれば上手くいくとも思わないですが

情熱は大事だと考えています。

 

でも、なぜ必要なのか。

それは顧客、商品、競合のリサーチに

興味が持てるからなんじゃないかと。

 

興味が持てるから継続することができるますし

いろいろな角度からリサーチもできます。

 

それを改善を繰り返すことができて

売上を上げることができる。

そんな流れかなと。

 

ということは、情熱がなくても

リサーチと継続ができれば

売上を上げるのことができるということ。

 

 

ただ、これは僕には向いてないないんですけどね。

情熱がないと全く続きませんから。

 

ただ、それ以外に成果が出ている理由がありました。

 

それは、ビジネスと数字が好き、ということ。

 

数字は毎日よく見ていると言っていたし

仕事もやりだすと時間とすべて投資して

どこまで集中してやってしまうと。

 

 

なるほどなと。

 

 

 

ちなみに、

上手くいく人の共通しているなと思ったのは

ちゃんと数字を把握していること。

 

上手くいっている人は

数字に強い印象があるので

ここはすぐに学ばないといけないところ。

 

僕も以前パートナーさんからアドバイスをもらうまでは

数字を意識していませんでした。

 

どちらかというと避けていたくらいでした。

 

アドバイスのおかげで

今では少し意識できるようになりましたが

まだまだ足りないというのが正直なところ。

 

 

 

 

 

なので、数字を中心において

ビジネスをやっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です