患者が半永久的に通院し続けてくれる技術・・・

さっき治療院のDVDを販売する会社からDMが届きました

 

ざっと中を見てみると

ある箇所が目につきました。

 

それがタイトルに書いた、患者が半永久的に通院し続けてくれる技術。

そのコピー引用すると

「患者が半永久的に通院し続けてくれる技術」

 

断言します。

この技術を知らないことは治療家にとって「大変な損失」です。

なぜなら、この技術をたった1分だけ、あなたの施術に取り入れることで1人の患者さんが半永久的に通い続けてくれるようになるからです。

 

ん、患者さんが半永久に通院し続けてくれる技術???

とそのコピーを見た時に違和感が。。。

 

これって、ずっと結果を得られないということだよね、という解釈がその違和感の原因じゃないかと。

「クライアントの望む結果を提供することが自分の仕事」だと僕は思っているので

この技術を学びたいとは思いませんでした。

 

このDVDで得られる結果は

クライアントに通い続けてもらうための技術

ということになります。

 

なので、このコピーが本当なら

クライアントに通い続けてもらいたい治療家にはいい商品だなと思います。

 

でも、これって本当にクライアントが望むことなのか、と思う治療家には売れないよなと。

 

経験から痛みが楽になっても一時しのぎで嬉しいというクライアントは、あまりいませんからね。

 

まあ、DMに乗っていた文章の背景が分からないので主観たっぷりですが、通い続けてもらうっていうのはクライアントが喜ぶということにはならないと解釈してしまうのです。

 

 

僕がいつも考えているのは

 

・クライアントが何を望んでいるのか。

・結果的にどうなりたいのか。

 

ただ、それだけです。

 

そこで自分が価値を提供できるなら勧めるし

できないと思ったら素直に言います。

 

整体である一定のラインまで回復できても

それ以上改善が見込めないのなら

整体以外の解決方法を提案するのがプロだと思っているからです。

 

一つの技術で全てが解決するなんてありません。

 

一つの技術が突破口となることはあっても

それで全てが解決できるなら

これほど多くの人が不調で悩むことはないからです。

 

 

だったら、クライアントさんが望む結果を出すために

次の提案をしてあげることが

僕らの仕事なんじゃないか思うんですよね。

 

整体にこだわりすぎると

クライアントさんに寄り添うことはできない。

 

解決策が整体以外にあった時には

その方法を学ぶか、人に紹介するしかないですからね。

 

全て整体で解決しようとするのは無理があります。

 

整体の腕がよければ必ず解決できる、というイメージを持っている人には、もっと広い視野を持ってもらいたいと思います。

 

 

 

 

では、今日はこのへんで。

 

ーかすやゆうぞう

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です