思い込みをなくし、ただ耳を傾ける。

相手の声に耳を傾ける・・・これはとても大事。

なぜなら相手がどんなことを伝えたいのか、これを読み取らないとコミュニケーションが上手くいかないから。だから今インプットセミナーでトレーニングしてるのです。

で、昨日は久しぶりに3人の友人と食事。この友人は20年くらいの付き合い。2年ぶりくらいに会ったので始めは近況報告というか、家族や仕事の話。時間が経つと自然と真面目な話に。

1人は休憩ということで隣のソファーに腰をかけ3人の話を傾聴。ぼくを含めた残りの3人が話しました。で、これが今のぼくにはいい経験に。

この3人の会話は相手の話に集中するのではなく自分の言いたいことを言っていただけでした。3人ともが自分の思い込みの中で話をしている。言い方を変えると自分の色眼鏡を通して話を聞いているのです。

なので、何回もぼくが質問したことに対して見当違いな答えが何度も返ってきました。まあ、友人も同じことを思ったはずですが・・・。なので、お互いが言いたいことを言って時間が流れていきます。

これでは言葉のキャッチボールどころか、3人ともボールを投げっぱなしで終わっています。ボールをいくら丁寧に投げても相手が受け取る意思がないので、投げてもそのボールをスルーされれば、ただボールが遠くにいくだけです。たとえ渾身のストレートを投げても相手に受け取ってもらえないのなら、投げても意味がない。

ただ体力を消耗するだけなので、それに気づいて途中から投げるのをやめました。

結局、そこにいた友人は誰かにアドバイスをもらいたいのではなく、ただ聞いて欲しいだけです。だから求められてないことをやっても意味がないのです。

まあ、ぼくも思い込みで聞いていたので同じなんですけどね。

やはり一流と呼ばれる人は相手が何を伝えたいのか、会話から読み取ることができます。そういう人に対して質問すれば人生を変えるような貴重なアドバイスをもらうことができます。

結局は自分次第です。

今回の経験を生かすために、思い込みをなくし、謙虚に相手の話を傾聴したいと思います。

ーかすやゆうぞう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です