後悔しないための生き方(在り方)

自分の望むような人生を生きたいなと思いっていますが

知らないうちに自分の人生ではなく

人が望む人生を選択していることがあります。

 

その理由は、環境に引っ張られるかなと。

 

なので、無意識のうちに望む人生を

諦めてしまう人が多くなるんじゃないかと。

 

そんなことを思ったら

2ヶ月前、久しぶりに会った同級生を思い出しました。

 

その同級生は

「やりがいもあるし、お金も稼げる。

やりたい仕事が見つかったんだけど、、、

嫁に反対されて諦めたんだよね。。。」

と言ってました。

 

きっとここで後押ししてくれる奥さんだったら

間違いなく人生が変わっただろうと思いならも

この奥さんを選んだのも自分だということを思うと

それが今のステージなんだよなと。

 

 

 

子供がいるお母さんなら

今の環境を守ろうとするのは当然。

多くの奥さんがこんなことをいうのも理解できます。

 

だからと言って

そこで転職を諦めてしまう、

やりたいことをやめてしまうという選択は

僕にはありません。

 

 

なぜなら、ここが充実した人生をこ送れるかどうかのポイントだと思っているからです。

 

それこそ、転職したら離婚だ、と言われたとしても

自分がやりたいのなら離婚してでも

決めた道に行ける自分でありたい。

 

そう思うんですよね。

 

「家族のためも転職しようと思っているのに、離婚されたら意味がない、、、」

 

とその同級生は言っていましたが

 

家族のためというなら

なおさら離婚してまで

転職するという決意を見せるたいと

僕は思います。

 

ただの頑固オヤジだと言われたらそれまでなんですけどね(笑)

 

 

ちょっと反対されたくらいで

自分の選択を曲げてしまうというのは

それだけの決意だったということ。

 

奥さんは本気度を

確かめているだけかもしれないですから。

 

たった一度の人生なんだから

選んだ道を進んでいきましょう。

 

ーかすやゆうぞう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です