家族を大事にするってホントに重要ですか。

次男の運動会に参加。

 

保育園や学校の行事に参加して思うことですが

お父さん、お母さんとか

おじいちゃん、おばあちゃんも一緒に参加

という方が多いですね。

 

僕が子供の頃って

お母さんだけのところが多かったような気がしますが

気のせいですかね。。。

 

まあ、これが良いのか悪いかは分かりませんが

今は家族を大切にする傾向にあるのかなと思います。

 

で、家族を大切にする、ってよく聞くのですが

自分もそうしないといけない、と思い込む人も多くいんじゃないかなと。

 

その結果、家族のためという理由をつけて

無意識に家族のために自分を犠牲にする人も増える。

 

そうまでして家族を大切にする必要ってあるのか、と僕は思うんですね。

 

・家族のために転職をする

・家族のために趣味を我慢する

・家族のために旅行にいく

・家族のために家を建てる

・家族のために定時で終われる仕事に就く

 

というようなことを言われると違和感を感じます。

違和感の原因は家族を言い訳にしていること。

 

それって家族のためっていう言い訳をして

自分で責任を負いたくないだけですよねって。

 

そうじゃなくて

・好きな仕事だけど、家族に十分なお金を渡せないから転職する。

・趣味よりも家族といると楽しいから家族といる

・家族と旅行に行きたいから行く

・自分の家を建てたいから建てる

・仕事よりも自分の時間が欲しいから定時の仕事に就く

 

ちょっとした違いですけど

これだったらいいかなと思います。

 

まあ、僕も同じことを言っていましたから気持ちは分かりますけどね。

 

「家族のために安定して収入を得る・・・」

といってトラック運転手に転職。

 

でも、1年半運転手を続けましたが

価値観にあってないので最後は散々な目に・・・

 

まあ、価値観が合わないことをすると

こんな結果になりますね。

 

 

自分の望む生き方をするためには

自分の価値観にあったものを選択することです。

 

周りではなく自分なんですね。

 

だから責任も誰かにあるのではなく自分。

 

 

 

 

すべてを自分の責任だと思うと

解放されて自由になれます。

 

自由なので

いつ、何を始めてもいいし

逆に、いつやめてもいいのです。

 

 

自由ってホントいいですね。

 

まあ、何が言いたいのか分かりませんが

今日はこのへんで。

 

ーかすやゆうぞう

 

PS:写真は運動会が終わってからスタバに行ったので。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です