安定を手に入れたい・・・

2年半前からマーケティングの勉強をしてきた。教材を買ったり、セミナーに参加したりと総額を見ると自分でも驚くくらいに投資してきた。なぜ、そんなに投資したのか?を考えてみた。

結果これかなと思った答えがある。

それは、来月売上があるだろうか?という不安だ。その不安を無くしたいという思いが原点にある。

マーケティングを勉強して確かに売上は上がった。しかし、不安がなくなることなかった。なぜ不安がなくならなかったかというと、売上が上がれば上がるほど、支払いの金額も大きくなったから。

支払いが大きくなればさらに売上を上げる必要がある。不安を解消するための投資が余計に不安を煽るという悪循環を生んだ。

その原因、新規を取り続けた。あなたも知っていると思うが新規を取ることはコストがかかる。売上が上がっても新規に頼っていると利益は少ない。すると、新規集客のコストばかり増え続けるので毎月売上も上げ続けなければならない。

「痛みのある患者さんだけを治療したい」という思いから定期的にリピートするような仕組みを作って来なかった。新規ばかりを集め続けていた。結果として経営が不安定になった。

経営が不安定だと治療結果も左右されると考えている。なぜかというと、売上を上げることばかりに頭を使い、治療のことを考える時間が減るからだ。そうなると、治療の結果も悪くなり患者さんの信頼を獲得することができない。信頼されないと通ってくれないので売上が下がる悪循環に。。。

だから、まずは治療院の売上の安定をさせることが最優先にやることだ。

新規に頼らずに売上が上げられると好循環になる。新規に頼らないということはリピートが増えるということ。リピートは新規の獲得よりもコストがかからない。つまり、支払いが少なくなる。売上が上がった分そのまま利益が上がっていくと言ってもいいだろう。

新規に頼っていないので、ある程度は売上を予測できる。予約帳が埋まった状態なので不安になることもない。予約帳が埋まると売上のことを考えずに患者さんと真剣に向き合い治療することができる。

結果、治療することに専念することができる。

だから、患者さんのためになる治療をするためには、まずは自分が豊かにならないといけない。生活費や支払いに心配することなく安定した売上を確保しなければならないのだ。

それができれば、もっと患者さんのために治療できる。そして患者さんに信頼されるという好循環になる。最終的に高い売上をキープし不安がなくなるのだ。

なので、治療に専念するためには、まずは患者さんとの信頼関係を作ること。そして売上を安定させることが大事。そのためにマーケティングの仕組みを作らなければいけないのだ。マーケティングの仕組みを作ることは売上を上げることが目的ではなく、患者さんとの信頼関係を気付くことが目的なのだ。信頼関係を気付き通ってもらえることで結果売上が上がり好循環になるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です