学びが多いのは講師ですね。

昨日は、整体スクールの勉強会があったので

9時に自宅近くのセミナールームへ。

 

まだ誰もいない部屋は肌寒い感じがしたので

エアコンを入れてもいれようかなと。

 

スイッチを入れようとしたのですが

そこで永田さんを思い出したので

エアコンを入れるのをやめました。

 

5分もしないうちに永田さんが来ました。

 

永田さんを見て

エアコンを入れなくてよかったなと。

 

というのも、僕と違って

永田さんは寒さに強い。

 

なので、この日も半袖で登場。

 

「半袖ですね」と永田さんに話しかけると聞くと

「今日、暑くないですか?」いうような返事が。

 

暑い、ですか。。。(笑)

 

エアコンを入れようとしていた

自分のひ弱さを痛感感しました(笑)

 

さて、そんな流れから始まった整体スクールの勉強会。

今回も8人の出席がありました。

 

相変わらず、向上心の多い方ばかりで

いい雰囲気で勉強会スタート。

 

まずはワークから。

 

ワークをするのは

自分の価値観を明確して欲しいからです。

 

なぜ価値観を明確にするのかというと

自分の価値観じゃないと行動することができないから。

 

自分の価値観を明確にすることの効果は

僕自身が体験しています。

 

それに僕だけではなく生徒さんからも

価値観の深掘りが役に立っていると

言ってもらっています。

 

それなら共有しないといけないなと。

 

そもそも整体は手段なので

価値観が明確じゃないと何か違うなとなって

途中で整体をやめることになります。

 

人の役に立つ仕事なら整体じゃなくても他にたくさんありますからね。

 

整体じゃないといけない理由があることで

続けることができます。

 

続けることでしか結果が出せるスキルは

手に知れることはできません。

 

そんな前提があるから

価値観のワークが必要になってくるのです。

 

そんなことを話して今回メインの技術へ。

 

 

 

技術は普段使っている圧縮調整法をお伝えしました。

 

1年以上使い続けているテクニックですが

勉強会で生徒さんに伝えたことで

まだまだ深掘りする必要があることに気づけました。

 

人に伝えるのは、相手のためではなく

自分のためだなと再確認。

 

気づきを得られるのは

なかなかない機会なので

勉強会は僕にとってもありがたい環境。

 

アウトプットの場があるとないとでは

インプットの質が変わって来ますからね。

 

そんな思いもあって

生徒さんにもアウトプットして欲しい。

 

そこで、勉強会で講師として

やってもらうことを提案しています。

 

早速、永田さんが開業について

講師をやってくれました。

 

次から次に言葉が出てくるのはさすがです。

 

伝え方が上手で受講者の生徒さんは

とても分かり易かったと思います。

 

お互いに学び合うっていう環境はないので

そんな場を作るのが僕の仕事かもしれませんね。

 

ー粕谷雄三

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です