子供と一緒にいて大切にしたいと思ったこと

今日からクライアントさんの施術が始まります。

 

正月は体調の回復を優先させていたので

今朝は久しぶりに4時に目覚ましをかけて起きました。

 

昨日の夜に今日の計画を書かなかったためか

30分ほど布団の中でウダウダしてしまいましたけどね。。。

 

ただ目は覚めていたので

4時半からスッと動くことができました。

 

整体院へ移動して

昨日書かなかった日誌を書き

今週の計画も立てました。

 

去年よりもやることは明確で

施術と集客のための作業以外は

知識を入れるための時間を優先。

 

体に関する知識を入れることがメインです。

読書やオンラインの動画

あとはグーグル先生に聞きながらのリサーチかな。

 

毎週土曜日にはその週に学んだことを

ブログに書いてアプトプットする予定。

 

今月中に習慣化できれば1年後には

約50個ほどの記事がアップできるので

どんな記事がアップできるか楽しみです。

 

知識やスキルアップは第2領域の部分なので

ゆっくりと楽しんで取り組んでいきたいですね。

 

知識とかスキルになると

焦ってしまう傾向があるので

地に足をつけてコツコツ積み上げていきます。

 

習慣化さえできれば

成長できないことの方が難しいので

1年後が楽しみに取り組みたいです。

 

さて、冬休みということで

子供と一緒にいる時間が長いです。

 

この瞬間の子供と接することができるのは

今しかないのですから、この時間は大切にしたい。

 

 

でも、これができてない。。。

話も聞かずに一方的に叱ったり

することが多くなっています。

 

なので、今朝の日誌には

 

・子供と向き合うために目を見て話を聞く。

・最後まで話を聞く。

 

ということを書き加えました。

 

子供たちは積極的に僕との

コミュニケーションを取ろうとしてくれますが

子供が大きくなってきて鬱陶しく感じることが多くなっています。

 

子供の話を聞こうとせずに

適当に聞いたふりをしていることが増えているんですね。

 

きっと子供も無意識のうちにそれを感じているはずなので

これが思春期になった時に

上手くコミュニケーションが取れない引き金になるのかもなと。

 

 

子供は大きくなると

自然と親から離れていくもの。

 

向き合って話したくても話すことは難しいですから

話ができる今、子供と向き合って話をしておきたい。

 

 

できるだけ親の「我」というか思い込みをなくしてね。

 

相手は子供ですが

尊重した付き合いができたらと。

 

そのためには

相手の話を聞くって重要なんですよね。

 

これはクライアントさんでも家族でも同じです。

 

相手の身になってものを考えるって

昔から言われていますが

実行するのは簡単ではないですね。

 

これも意識していければと思います。

 

ーかすやゆうぞう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です