好きこそ物の上手なれ

60代女性のクライアントさんが週1回のペースで通っている。

 

その方は、とても明るい人で

お尻や足に痛みの症状があって辛いはずなのに

いつも明るく接してくれる。

 

どんな状態なのか聞くと痛いと言うが

自分から、「辛い」「なかなか治らない」「本当に治るの、、、」とか

そんな後ろ向きの言葉を言ったことがない。

 

そんな人柄を見ていると

どうにかしたいと強く思ってしまうのが人情。

 

もちろん、うちに来ている人は

みんな同じように良くなってもらいたいと思っているけど

愚痴とか、不満を言いながら通われると雑念が入るからか

どうしても施術に集中できない。

 

 

そんな影響があるか分からないけど

明るくて前向きな人は回復が早い。

 

ま、自由に生き方を選択すればいいけど

できたら明るくて前向きな生き方の方が

満足する生き方ができそうな気がする。

 

ちょっと話がそれたけど

今日ブログでシェアしたい話は

そのクライアントさんに聞いた旦那さんの話。

 

何年か前に亡くなってしまったので

本人に会うことができないのが残念だけど

奥さんの話からいい気づきをもらった。

 

どんな気づきなのかと言うと

好きなことをやるということ。

 

まあ、よくある話なんだけど

今回はいつもと解釈が違った。

 

その旦那さんは手作が器用で

子供の頃から物を作るのが好きだった。

 

仕事は東急ハンズで販売をしていたのだけど

物作りが好きなのが影響したのか

お客さんから聞かれたこと

全てに答えられるように商品の知識を勉強していたらしい。

 

その結果、他の販売員なら答えられないような

専門家が知らないような知識を身につけて

たくさんのお客さんに喜ばれていたらしい。

 

その証拠にこんなエピソードを教えてくれた。

 

ある建築の大学に通う学生が

旦那さんの話が勉強になるからと

お店に2ヶ月通ったことがあったみたい。

 

それも旦那さんの仕事の邪魔にならないように

接客の合間をみて質問をしたとのこと。

 

毎日1日中お店にいて質問してくるのだから

その学生もすごいと思うけど

そんな熱心な学生を熱中させる旦那さんの知識。

 

ただの販売員ではないね。

 

その学生が言うには

大学の講義よりも勉強になるとのこと。

 

ただの店舗の販売員が大学の教授よりも興味を持つ知識があるとはね。

それだけで魅力的に見えてしまう。

 

 

他にもお客さんで大学の教授が来て

その知識の深さに感動して大学で講演を頼まれたということ。

 

で、大学の教授まで一目置おくような知識をどこで手に入れたのか。

 

話を聞くと、全て独学で学んだものらしい。

 

専門の大学に通うこともなく

セミナーなどの勉強会に参加するのでもなく

誰かに聞くこともなく。

 

もちろん、インターネットなんてない。

 

ほとんどが本を読んで得た知識を実践。

その経験からでた知識を人に伝えていたということ。

 

例えば、紙飛行機を作るのも

航空力学などの難しい本を読んで勉強するほど。

 

日本語の本が見つからなければ

読めない英語の本を買って読んでいた。

 

何でそこまでやったのかというと

好きだったからやっていただけとのこと。

 

仕事は販売員だから

お金になったわけではないのにね、と奥さんは笑っていた。

 

その話を聞いてなぜか興奮してしまった。

 

「好きこそ物の上手なれ」というけど

まさにそうだなと。

 

だから、自分で調べて考えることができるんだよね。

 

結局は楽しいから調べ続けることができる。

新しい発見をするからまた楽しくて調べる。

 

この好循環が人が感動する知識の源泉だね。

 

 

 

まさに今、僕が求めているもの。

 

 

この数年間セミナーに参加して勉強してにきたけど

セミナーに参加しないで自分で調べてやっていたら

もっと有用な知識がついたんじゃないかと思う。

 

実際セミナーに参加して為にはなったけど

有用かと言われるとそうではない。

 

セミナーに参加して楽しかっただけで終わっている部分が多い。

 

結局はそれをヒントに自分で調べないと

知識として自分の物にすることはできない。

 

そう感じたのは今回の話とリンクして

アキュスコープを使った施術を自分で考えながら作ってきたから。

 

なぜ、なぜ、なぜ、、、と10年間自問自答してきたからね。

 

 

 

セミナーで聞いて分かった気になっているのと

自分で考えて分かったのでは大きな違いがあるからね。

 

 

つい急いで答えを知りたくなるけど

結局は自分でコツコツやってくことの方が

最終的には奥深さと幅のある知識が身につくのかなと。

 

好きなことに熱中する、だね。

 

ーかすや

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です