太田川駅が変わりましたね。

地元の駅に太田川駅があります。都市開発の立て直しで駅周辺がここ5、6年で一気に変わりました。この駅は自宅から車で10分ほどの場所で最寄駅の南加木屋駅からは急行で一駅。普通電車でも2駅です。

太田川駅というと思い出します。5、6年前はほぼ毎日この駅の近くまでアルバイトで通っていました。

5、6年前といえば、子供2人を抱えながら安定して収入を得ていたトラック運転手をやめてもう一度治療院だけで食べていくと決めた時期。勢いよくやめたのはいいですが、結局トラック運転手を辞めて3ヶ月も経たないうちに貯金が底をつきました。

そこで再びアルバイトをすることになったんですね。それがこの駅の近くのスナックでした。そこのアルバイトは皿洗いとか、裏方の仕事をすると思って求人に申し込んだのですが、働いてみると仕事は接客。そんな仕事だとは想像もしていなかったので、精神的にきつかったですね。

もともと人と話すのは得意ではないので、、、さらにお客さんは女の子と話したくてきている人も多い。男と話してもねぇ・・・という感じだったんですね。今思えば半年間よく頑張って通ったなと、自分を褒めたいですね。

で、そのスナック近くに整体院がありました。その整体院は知り合いで専門学校で一期上の先輩でもあり、中学校では一つ下の後輩の整体院です。僕よりも3年くらい後に開業したのですが、あっという間に予約が取れない整体院になって、羨ましく思った時期がありましたね。

競合を気にするな。

でも、競合を気にする必要は本当はないんですね。同業者を気にしたところでクライアントは満足させられない。それよりも集中するもはクライアントです。クライアントの問題を解決することが重要なのです。そこに集中しないで競合ばかりに集中してしまっては集客どころか、クライアントが離れていくだけです。もし、業界全体が同業者ばかりを気にしていたら業界全体が悪くなっていきます。

当たり前ですが、僕らが解決する問題はすべてクライアントが持っています。それを解決するのが専門家の仕事をです。だから、競合に集中している時点ですでに間違えているのです。

だから、今は競合に興味がありません。隣の繁盛整体院に嫉妬してもしょうがない。それよりも、自分のできることをクライアントにする。どうしたらクライアントに喜んでもらえるか、そこしかないかな、と思っています。

あなたは、本当にクライアントをちゃんと見ていますか?

クライアントに集中して問題解決のために努力していますか?

それが大事だと思いますが、あなたはどう思いますか?

ー粕谷雄三

P.S.

上の写真が太田川駅。当時は再開発が始まった頃でここまで大きな駅ではなかったですからね。近くには大学もできたり飲食店もできたり。あ、僕の好きなスタバもできましたね。これは嬉しいですね^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です