変人の視点

先日、陰陽五行で占ってもらいました。

僕には一般の人は持っていない性質が3つもあるらしい。

ということは、だいぶ変人だということかな(笑)

昔から友達には「変わっているね」と言われていたのですが、その度に「普通の人間だ」と主張してきました。

ですが、これは素直に認めておくべきでしたね。

これも日曜日に教えてもらった言葉なのですが、「才能を開花させるには受容することが大事」らしいのです。

まあ「変人を受け入れなさい」ということですね(苦笑)

ここ数日自分を変人だと自覚することで、今まで以上に常識を疑うような視点になりました。

そこで、変人の視点

なぜ、変人は常識を疑うかですが、それは、一般的な情報が正しいとは限らないから。

全くのウソはないかもしれませんが、一方的な見方をしていることがほとんど。鵜呑みにするのは危険すぎます。情報を発信している人が有利なように情報が操作されている面があるからです。

たとえば、病気に関する情報。

病気の検索キーワードを入れると、だいたい病院で薬をもらったり手術をしましょう。というものが数多く最初に出てきます。

でも、手術をする前にやれることはたくさんあるのではないでしょうか。

そもそも、時間をかけて休養するという選択肢が除外されていることが多い。

安静にすればラクになるのに時代のせいもありますが、ほとんどの人が安静にしようとしない。そこを利用して情報が作られている。今すぐに手術をしましょう、すぐに治りますという情報ばかりですね。(うちのホームページもそういう面がありました)

ガンもテレビで流される影響で、検査を定期的にして早期発見をしなければいけない、という思い込みがありますが、一方で早期発見をしない方がガンの発生率は下がるというデータがあることを知っているのでしょうか?

病院側も主観が入って偏った情報がしか出さない。いや、出せないのでしょう。もうそれが正しいということが頭にありますからね。でも人間の作り出すものに完璧なんてものはありません。だからこそ、両極から情報を提供することが必要かなと思います。

だいたい情報が一方通行だからまずは疑ってみる。真逆をみる。ですね。

結局疑って真逆な意見を言ったりすると、変人扱いされてくるのです。

思考の枠が狭い人が思考が広い人を理解できるわけがないんですけどね。

これが大多数からみて変人にみられる理由なのかな。

ーかすやゆうぞう

PS:写真は僕の父です。堂々と子供用の自転車で帰る姿をみると、この変人の血を引いているのだなと思いました(笑)

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です