問題はどこにあるのか?

昨日は、接骨院のスタッフさん向けにアキュスコープ習得レッスンをしてきました。今回で習得レッスンは2回目。前回と違い、他の接骨院の先生が2人も参加していただきました。高額な器械のアキュスコープを買ったのはいいけど治療結果が出せずに悩んでいる先生は多いようですね。

アキュスコープという器械は、治療マニュアルがありません。なので、使い方は人それぞれ。一応、輸入元の会社は今までの経験から治療マニュアルを作っているんですが、このマニュアルが初心者には難しい。何度か試してみましたが効果が出ないことの方が多い・・・

効果が出ないから器械を使わなくなってしまう方が多いんじゃないか、と思います。

治療マニュアル以前に治療器械なので操作マニュアルもあります。その操作の時点で迷ってしまって、治療に集中できないということもあるとは思いますが。

実際にはそんなことを気にしなくて適当にやった方がいいと思うんですけどね。効果を出そうと細かいところにこだわると余計結果がでなくなりますよね。昨日も質問があって、

周波数はどのくらいで設定しているのか?

どのくらいの強度で設定しているのか?

などの設定に関する質問も出ました。実際には結果を出すためにはそんな細かいことはどうでもいい。重要なのはどこにかけるのか?ただこれだけです。つまり、ポイントさえ押さえておけばどんな設定でも効果を出すことができるということです。

せっかくいい器械を持っているのに細かいところばかりが気になって効果が出せないということですね。

細かいことよりももっと重要なこと!

これは、治療でも経営でも言えることです。

大事なのは問題がどうやって解決するのか?

ただ、それだけです。

患者さんが楽になるのなら設定とか治療マニュアルとかはどうでもいいのです。それを解決できるかできないか、そこが重要なのです。

もし、あなたが結果がでていないのなら、細かいことがばかりにこだわっているかもしれません。

ゴールはどこにあるのか。そこをもう一度考えてみると答えが簡単に見つかると思います。

ー粕谷雄三

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です