勉強

勉強というと言葉を使うのは

なんか違う気もするけど、まあいいか。

 

僕にとって勉強は楽しみに一つで

趣味みたいなもの。

 

 

何について学ぶかあまり考えてなくて

その時に興味のあるものを勉強している。

 

今興味のあるものは

トレーニングや体に関するものかな。

 

特に意識したわけではないけど

自然と半年間でかなりの本を買ったからね。

 

あとはビジネスやコピーライティングは

昔ほどではないけど今でも学び続けている。

 

で、全てに共通して言えるのは

勉強すればするほど

知らないことが増えていくということ。

 

得た知識の10倍くらい

知らないことが増えていく感覚がある。

 

 

知らないことが増えていくのは絶望を感じるけど

楽しいから勉強することをやめられない。

 

でも、昔から勉強が昔から好きだったわけではない。

 

23歳までマンガしか読んでなかったからね。

 

学生時代、授業には興味が湧かなかったから

全く勉強する気にならなかった。

 

テスト週間になると

机の上と引き出しがいつも以上に整理整頓されて

綺麗になるだけ(笑)

 

そのおかげで今

小学4年生の息子の宿題を手伝うと

全く分からない。。。

 

だからと言って

親として恥ずかしいとか

やっておけばよかったという感情はない。

 

子供にも勉強を勧めることはない。

楽しいことがあれば

それに夢中になるのがいい。

 

その気にならないと身にならないからね。

 

必要な時に勉強すればいい。

 

僕も自分で仕事をやり始めたから

勉強の必要性を感じた。

 

目的があるから楽しく勉強することができる。

楽しいから続くんだよね。

 

子供にも勉強を押し付けるのではなく

勉強は楽しいものだということを

言葉ではなく背中で伝えたい。

 

学校の勉強がやりたくなければやらなければいい。

宿題をやりたくなければやらなければいい。

学校に行きたくなければ行かなければいい。

 

もっと楽しいこと

興味があることに夢中になれば

自然と勉強することになるからね。

 

世間の一般的な常識に当てはめると

楽しさがなくなる。

 

楽しさは人それぞれだからね。

 

時間は有限だから

興味のあることに時間を使おう。

 

ーかすやゆうぞう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です