勉強会のスタンス

近所の喫茶店に来てます。

 

今日は整体院は休み、ですが

整体スクールの勉強会を生徒さんを中心に開催。

 

久しぶりの開催です。

 

以前、勉強会をやめた時に

もうやることはないかな、と思ったのですが

生徒さんからリクエストがあったので

求められたならやるしかないなと

再開することにしました。

 

といっても、今日が初回なので

ここで生徒さんの意見を聞いて

本当に勉強会が必要なら

毎月でも勉強会を開催します。

 

でも、必要ないなら

今月で終了するということもあります。

 

相手に価値を提供できるならやりますし

価値が提供できないならやらない。

 

当たり前の話ですね。

 

何かを始める時は必ず

やめることを考えてからスタートします。

 

やめることを想定してないと

ズルズルと続けてしまい

サンクコストが増えていくだけですからね。

 

なので、もちろん勉強会も

そんなスタンスでやっていきます。

 

さて、勉強会に対する僕のスタンス。

 

僕の場合、相手から聞かれない限りアドバイスはしません。

 

なぜ、聞かれないとアドバイスしないのか?

 

これは疑問に思っている時が吸収するベストなタイミングだからです。

逆に言えば、相手に必要だろうと思うことを言っても

相手に気がなければアドバイスしてもあまり意味がないからです。

 

 

つまり、受ける側が積極的に吸収する姿勢があること前提。

 

なので、受け身で何かを教えてもらおうという方には

僕の勉強会はおすすめできないです。

 

僕も積極的に伝えたことは何度もありますが

全く役に立っていなかったので

相手が求めているものだけ提供をしようと思いました。

 

知識欲求としては知りたいかもしれませんが

行動ができなければ意味がないので

まずは目の前にことを伝えられたらと。

 

答えはいつも自分の中にありますから

すでにあるものに気づくきっかけ作りができたらと思っています。

 

人によっては何もしてくれない、と感じる方もいますが

そんな人には僕が何かを伝えても

結局は納得してもらえません。

 

どっちにしても、納得できないのなら

自分の価値観に合うスタイルでやった方がいいですからね。

 

一方で、僕が提供している価値以上のものを得る方もいます。

その方は自分に必要なものを知っているので

僕を使えるだけ使ってもらえればいいと思います。

 

整体は14年間の経験があるので

僕の経験を引き出して使ってもらえれば

役に立つはずですから。

 

ということで

まずはやってみてどうなるか、ということですね。

 

ーかすやゆうぞう

PS:アイキャッチは半年ほど前に開催された勉強会。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です