初回カウンセリングの秘密

1回目お試し価格をオファーして新規集客を行っています。

そうなると、1回だけで通わない人はたくさん出てきます。

でも、それが重要だと思っています。

患者さんが抱えている問題がぼくが提供できるものと違っていた場合、ぼくにできることはありません。なので、その線引きを最低限やらないといけません。

それをやると、通わない人の数は当然増えます。

逆に、中途半端に通う人は少なくなります。

1回で終わりの人も多いですが、6回以上通う人の数も多いです。

これをどう考えるかは人それぞれですが、ぼくはこれが正解かなと。

ここ数ヶ月で、初回カウンセリングの途中で通う人と通わない人が分かるようになりました。

なぜ、分かるのか?

それは、目的があるかどうか?を質問していくからです。

目的がない人は通う理由がありません。

なぜなら、人は理由がないのに行動しないからです。

だから、そこが抽象的な人は具体的になるように話しを掘り下げるのですが、それでも引き出せない場合は通わないと判断できます。

だから、次回の予約は進めますが、ほとんと取りません。たまにとる人がいると逆に驚いてしまいますね。

だから、まずは、目的がない人は排除が必要です。

これができるだけで、ストレスが減ります。

それに通ってもらうことができるので治療結果もあがります。

そのために初回カウンセリングはとても重要。

あなたは、初回カウンセリンングをどんな目的で行いますか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です