分解、そして整理整頓。

こんにちは。粕谷雄三です。

今朝はパートナーさんとのミーティングの日。

ミーティングが終わって、ついにこれをやる時が来たかという感覚になりました。

何をやるのか。

それは整体院を整理すること。整体院の方向性を統一して形にすることです。

簡単にいうとリニューアルですね。

もともとパートナーさんに仕事を依頼したきっかけは整体院の整理が目的。

それまでは、売上のない状態から方法論だけの場あたり的な行動をしてきたので、整体院に矛盾がたくさんありました。

家に例えると、基礎が不安定なのにその上に重いものを積み上げてきたということです。

積み上げないといつ傾くか分からなかったので、必死でバランスを保つために重ねてきました。

ですが、去年の年末くらいから基礎を変える作業に入りました。その歪が今でてきています。

この歪の影響でかなりの負荷が出てきていますが、逃げずに受け止めています。

一から再スタートを切るということは、安心領域の外に行くこと。まあ、これは得意なほうですが、今回はビビっています。

今まで築いてきたものを壊して作り直すので、まさに「ゼロ」に戻す作業。下手すると今まで築いてきたものが一気になくなる危険性もあります。

それでも自分の価値観に反して整体院を経営していくことはできないので、ここはやり通す必要があります。

で、昨日ついに価値観にあった院のコンセプトが決まったので、あとはメニューや料金を一から考え直し形にしていくだけ。

今の技術なら短時間で結果を出すことができるので、あとはどう生かすですね。

料金も高額な料金設定だけではなく標準的なサービスがあった方が自分もうれしいし、お客さんもうれしいかなと。

ですが、今までのことデータを確認すると、料金を下げると一時的にさらに売上が下がる傾向にある。まあ、それでもやらないと池間ませんね。価値観に反して生きることはできないので、ここは耐える時ですね。

自分の価値観に沿っていかに気持ちよく生きるか。

そのためには「我」をださずに受け入れることが必要なのかなと思います。

とにかく、どんなことがあってもやり続けることが必要ですね。その積み重ねで力がつきますから。

最後になぜか、徳川家康のこんな言葉を思い出しました。

鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥

なかぬならなくまでまとうほととぎす)

せっかちな僕に足りなかったもの。それは忍耐かもしれませんね。

ーかすやゆうぞう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です