出来るから出来ない

自分のことって全く分かっていない。

 

なぜそう言えるのかというと

動画を撮って見直した時や録音をした音声を聞き直した時に

明らかに自分のイメージと違う話し方をしているから。

 

最近気になって感じているのは

伝えたいことが伝えられているのか、ということ。

 

動画や音声で聞き直すと

主語が抜けたりして

何を言いたいのか分からないことがよくある。

 

会話をする時も

相手の質問に対する回答が

ズレていたり、、、

 

今まで通じていると勝手に思い込んでいたのは

相手が上手く解釈してくれたから。

 

会話が出来てきたのは周りの人のおかげだね。

 

これは30代になるまで

全く気づかなかった。

 

それどころか話をするのが上手いと思っていた。

 

今思えば完全な思い込みだね(苦笑)

 

今ではこんな簡単なことも伝えられないのか

こんなに相手の言っていることも理解できないのか

というくらい難しさを感じている。

 

30代になってコピーライティングを学んだ。

そこでロジックという言葉を知った。

 

これを意識すると急に自分が

話せないと感じたし

文章も書けないと感じた。

 

これは知識量が増えたことで

今まで話せていると思っていたことが

実は話せていなかったり

雑に話していることに気づいた。

 

自分が成長したいと思う人でなければ

雑に話していればよかったのかもしれない。

 

だが僕は成長したい人。

気づいたからには修正する必要がある。

 

なので、ブログを毎日更新しているのは

トレーニングの意味が強い。

 

もうすぐ1000記事アップすることになるけど

これだけ書けたのは上手に伝えらる人になりたいから。

 

1000記事近く書いてきて

自分のクセも分かってきた。

 

人との会話でも無意識のうちに

雑に話しているなと気づいて

気をつけるようになった。

 

これは大きな成長。

 

まず自分の現状を知らないとね。

現状把握ができると

自分の中で基準が変わる。

 

基準が変わると出来るから

出来ないに変わる。

 

例えば、自分は小学校の中では足が速いとしても

全国レベルでは平均以下かもしれない。

 

 

自分は仕事ができると思っていても

転職したら全く仕事が出来ないと思われるかもしれない。

 

出来るか出来ないかは、すべて比較の対象で決まる。

 

自分を成長させるには

自分の中の基準をどこに置くか。

 

より高みを目指していくには

基準を上げなければいけない。

 

そのためには基準をクリアするために

行動し続けるしかない。

 

僕がブログを書き続けるように。

 

基準を高く持ち

継続した行動をして

考え続ける。

 

決してラクではないけど

その先には自分を満足できるものがあるはずだからね。

 

ーかすやゆうぞう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です