再度、水晶浜へ

お盆を過ぎたらクラゲが出る確率が高くなります。

なので、お盆過ぎには

海には行かないと決めていたのですが

今月6日に初めて行った水晶浜が心残りで

自分のルールを破って行ってきました。

 

自分で決めたルールを破ってまで行った理由は

海の綺麗さと海の中に入ってて感じる浮力の強さ。

 

浮力が強いと

泳いでも推進力が強くて気持ちよく進みますし

息も長く続く気がします。

(気のせいかもしれませんが・・・)

 

で、今日再度入ってみると

昨日雨が降ったせいか

前回よりもは海が汚れている感じがしましたが

思っていたより綺麗な海でした。

 

浮力も前回ほどではありませんが

強く感じることができましたしね。

 

これで思い残すことなく

夏を締めくくることができた気がします。

 

夏を閉めくると言っても、まだ早かったです。

 

来週には4日間

仕事を休みにして東北旅行に行くので

これが夏最後のイベントでしたね。

 

さて、自分のルールを破ってまで言った水晶浜。

 

海に入ってすぐに

ハプニングが起きました。

 

何が起こったのかというと

子供が何かに刺されました。

 

海に入ってすぐに

お腹が痛いというので

お腹を見てみると赤くただれています。

 

ひどい部分は蚊に刺されたように

皮膚が部分的に浮き上がってきて異様な感じ。

 

これは病院に連れて行かないと、と思ったのですが

まずは症状をネットで検索。

 

調べてみると痛みの原因は

たぶんクラゲに刺されたことですね。

 

妻が検索すると同じような症状が出ていたので

これなら対処をして様子を見ようと。

 

最初は痛痒さがあって

皮膚の腫れがひどかったので

子供もかなりテンションが下がっていたのですが

ネットに書いてあった通りの処置すると

痛みが引いていきました。

 

その対処はクラゲに刺された場合は

真水であらうのではなく

海水で洗うようにと、書いてあったので

だったら海で遊び続けることが

対処法につながるなと解釈。

 

しばらくして子供に落ち着きが出てきて

その気になったのまた海で遊んでもいいよと伝えました。

 

またクラゲに刺さされたら

海が嫌いなることを承知で。

 

結果的にはクラゲに刺されることはなく

赤みや腫れも引いてくれました。

 

帰ってきてお風呂に入った時に

痛みを訴えてきたので

まだ油断はできませんが

1日の経緯を見ていると

たぶんこのまま治癒していくはずです。

 

皮膚が赤くただれた時には動揺しましたが

ネットが普及した時代の恩恵のおかげで

冷静な対処ができましたね。

 

一方で、自分のルールを守ることも

大切だと気付きました。

 

お盆を過ぎるとクラゲに刺される頻度が

高くなることは経験から知っているのに

それを守らなかったツケを

子供が払うことになったのですから。

 

でも、あえて自分のルールを破ってまでも

挑戦したことは今後につながるはずです。

 

多くの人は自分の決めたルールを

頑なに守ろうとする傾向が強いですが

あえてそれを破ってみると

そのルールが今の自分い合っているかどうかが分かります。

 

あっていなければ行動の幅が狭くなり

自分が成長できないことにつながることもあるので

今回の挑戦は良かったはずです。

 

決められてことを疑うことが

自分の成長をさせるきっかけになるので

ぜひ、ルールがあるなら

そのルールを破ってみるのも

いいかもしれませんね。

 

ーかすやゆうぞう

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です