先延ばしになっていることをやるためには・・・

昨日はいつも通りの1日。

 

朝3時55分にアラームがなって起きる。そこから2kmの散歩。帰ったら身支度と掃除(まだ家族は起きてないので窓拭き程度)

 

そこから肩、肘の解剖学をリサーチ。

(このリサーチは勉強ではなく今来てる方の痛みを改善させるためのもの。なので、ただ勉強している時と比べて知識の吸収が早い)

 

リサーチを1時間で終わらせ朝ごはん。

朝ごはんが終わるとすぐに整体院に戻り、このブログと整体院ブログを更新。

 

そこからは施術。施術が終わると昼ご飯。

昼寝を20分。起きると自転車でジムへ。ジムでは30分の筋トレ。

 

帰ってきたらチャットワークの返信をして

英語のリスニンング、インプットセミナーの課題を30分ずつこなす。

 

で午後の施術へ。

施術の空いた時間に慌ただしくご飯を食べ、また施術。

そして施術が終わって寝る。という1日でした。

 

考えるだけでは何もやってないなと思っていたのですが、書き出してみると何もやってないようで、結構やることはやってますね(笑)

 

何もやってないと感じるのは習慣のおかげですね。

 

習慣化された行動は脳を使わないと言いますが、本当だなと実感できます。やることが決まると淡々とこなすだけなので、ストレスが溜まることもないです。

 

でも、ここに何か新しい作業を入れようとすると、これがストレスになります。ストレスになると先延ばしにしてしまう。。。

 

それが続き、なかなか行動できません。

 

脳は新しいことを好まないというのは、まさに。

 

なので、ここは強制力が必要です。

 

僕も先延ばしになってることがあったのですが、取り組み始めました。これからなのでまだ結果が出てませんが結果が実行できたらまた報告します。

 

ただ、どんな方法を使ってやるのかは紹介しておきます。

 

 

実行するためのポイントは2つ

 

・期限を決めること。

・何をやるか明確にすること

 

これを決めることで、先延ばしにさせないようにしました。

 

やり始めるまでが気が重い感じがする。だったらやる環境を作ればいい。

 

実際、やり始めると意外と進んでいくものなので。

 

進めば自分のゴールに向かって近づいているのが実感できるので、さらに次への行動に繋がっていい循環ができます。

 

要はどう始めるか。

 

多くの人がやらないのは、やる前に考えて行動できないからです。考えると脳は反抗しますからここにエネルギーが必要になる。そうなるとエネルギーは有限ですからいつまでも続かない。

 

なので、今先延ばしになっていることがあるのなら期限を決めて、具体的な計画を立ててください。

 

なんだか当たり前のことですが、コツはここかなと思います。

 

ーかすや

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です