なぜ、価値を受け取らないのか?

いや〜、ミスった、ミスった。久しぶりに凡ミスをやってしまったので、もう2度とやらないためにあなたにシェアしたいと思う。

 

昨日「骨折しているかも、、、」という電話をクライアントさんからもらった。病院へは行ってない。話を聞いても病院へ行く気はなさそう。とにかく仕事に早く復帰したいから、それがきるか確認の電話だった。

「骨折を早く修復するデータが出ている治療器はありますよー」と伝えると来てくれた。骨折の場合は微弱電流を20分程度かけるだけなので電気をつけてあとは何もすることがない。クライアントさんと話をして終了。もちろん、終わったあとに何か劇的な変化があるわけでもない。

「骨折はすぐに変化が出るようなものではないので、早く仕事に復帰したいのなら毎日通うといいですよ。」と提案。クライアントさんも納得して「そうだね」と通うことを決めてくれた。

ここまではとてもいい流れだった。

だが、これはやってはいけないかった、、、

「今回の場合は骨折だから毎日通ってくれるなら半額にしますよー」と何を思ったか自分から料金を減額することを提案してしまった。それを聞いたクライアントさんも予想外なことを言われ戸惑っていた。そりゃ、普通にお金を払うつもりがいきなり半額になるんだからね。クライアントさんも驚くよね。クライアントさんが帰ったあと、その提案をした自分に怒りがこみ上げてきた。「なんでそんな提案をしたんだ、、、」とね。

なぜ安売りをしてしまったのか?

この理由を考えると、思いつくことがあった。それは、毎日通うには負担が多いと勝手に判断してしまったこと。

実際にクライアントさんは一言も金額が高いとか、高くて通えないとは言っていない。仕事ができず収入が入ってこないことを考えると1日でも早く復帰できればそのメリットの方が大きい。

緊急性があることなので金額の問題ではないと思っていた。とにかく仕事ができる状態になればいいからそれに比べれば1回1万円の料金なんてそのクライアントさんにとってはては安いんだよね。

それを勝手に毎日通うには払う金額が高いと自分で思い込んでしまったんだよね。本当またやってしまったという感じ。。。

思い込みをなくせ!

チラシやホームページのメッセージでも、整体院のコンセプトでもなんでもそうだけど思い込みほど価値を受け取れなくなるものはないと考えている。価値を受け取るためにやらなければいけないのは、クライアントさんの頭の中を知ること。それを知った上で行動しないといけない。

それを勝手な思い込みで行動したおかげでもらえる価値を受け取れなくなってしまった。自分から投げ出したんだから自分に腹が立ったのもしょうがないよね。

ということで、自戒の念を込めて書いた。

あなたはきっとこんなミスをしないと思うが、もし心当たりがあるのならぜひ直して価値を受け取ってほしい。

ーかすやゆうぞう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です