余りを作るための習慣

朝起きて、体がだるい、頭も重い。

 

日課をしてても集中できません。

 

そこで集中できないから今日はやめておこう、、、

とはならずに日課をこなしました。

 

やらない言い訳は無視です。

 

こんな状態を経験するたびに

エネルギーの使い方の大切さが体感できますね。

 

で、この原因を考えて思い当たるのは

昨日の、「食べ過ぎ・飲み過ぎ」です。

 

昨日は、予定が何もない休日ということで

コストコに肉を買いに行って自宅でバーベキュー。

 

14時から開始して4時間ほど食べて飲んでいました。

 

次の日に備えて控えめにしたのですが

それでもかなりエネルギーを

食べることと飲むことに使ったようです。

 

食べた量や質(肉の脂やアルコール)を考えると

かなり肝臓などの内臓に負担をかけたことになります。

 

このエネルギーの使い方で

気持ちだけでもリフレッシュできればいいのですが

最近は、食べたり飲んだりすることが

エネルギーの無駄遣いかもしれないと思ってしまうので

ストレスに感じてしまうんですね。

 

レジャーの質を考え直す時期なのかもしれませんね。

 

レジャーといえば、

去年の6月に昼神温泉に行ってから

毎週末出かける、ということをしました。

 

確か9月くらいまで

ほぼ毎週のように出かけていました。

 

子供にいろいろな体験をさせるのが目的。

結果的には毎週のように出かけたことで

子供が疲れてダウンしてしまいましたが・・・(笑)

 

今年も同じように出かけよかなと思っていたのですが

今年は新たな目標を作ったので

去年よりは控えることになりそうです。

 

で、新たな目標とは何かというと

支出を抑えること。

地味な目標ですね。。。

 

計画性のある旅行やレジャーならいいですが

突発的に出かけるというのはやめる方向で考えています。

 

支出に関しては

今までの習慣を変える必要があるので

セーブしている今は

かなりのストレスになっています。

(だから飲み食いを走ってしまったんですね・・・)

 

でも、ここをぐっとこらえて

収支の改善をすることで

新しい視点が手に入るかなと。

 

単純に収入を増やすだけでもお金は余っていくのですが

実は多くの人が経験するように

収入が増えると自然に支出も増えていきます。

 

なので、まずは支出から抑えないと

いつまでたっても

浪費を続けることになるのです。

 

しかし、これが相当負荷が高い。

かなりしんどい作業です。

 

なんか最近イライラすると感覚があるのですが

たぶんこの影響かもしれませんね。

 

で、お金が余らせるためには

単純に収入よりも支出を少なくすればいいのです。

 

当たり前のことを当たり前にするだけ。

とてもシンプルですよね。

 

ただ、あまりにも当たり前のことって見えなくなることが多いです。

 

運動は健康にいいと分かっていても

多くの人が言い訳をしてできないように。

 

なので、やらない言い訳が出てきますが

習慣化できるように変えていきます。

 

ーかすやゆうぞう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です