体を壊す習慣

昨日は日曜日。休みなので家族とゆっくり過ごす日。天気が良ければ動物園でも行こうかと思っていたが、外は雨。予定を変更しTSUTAYAで子供たちの好きなDVDを貸りて、たこ焼きパーティーをしながら1日を過ごす、ということになった。子供もたちも好きなDVDを見ることができるから、まあ いいのかな、と。

基本的にうちの家族は休みの日になるとどこか行かないと気が済まない。僕も妻も、そして子供もみんな。だから基本的にうちでゆっくりと過ごす選択はない。とにかくでかける。

しかし、今月は先月の売上減で家計に使えるお金が少ない。もちろん、貯金を使うという選択もあるが売上が減ったら減ったで、その中で生活しようと決めているので、そのまま家影響が出た。

そんな状況の中、昨日1日過ごして勉強になったことがある。それは、もう少しお金の使い方を考えるということ。

うちは、暇になるとすぐに外食に行く傾向がある。美味しものを食べると幸せな気分になるし、妻も喜ぶ。子どもはまだそんなに食べる年齢ではないから関係ないけど、、、あっ、でも小1の長男だけは喜ぶようになってきたかな。

昨日も買い物に行って、ドーナツとかアイスとか、いろいろな誘惑があったけど、節約だと思ってすべて我慢した。我慢していくと、毎回そんな食べたいものばかり食べていたら体を壊すなということに気づいた。最近、好き放題食べて体に負担をかけていたんじゃないかと。。。

体調を崩すと治療ができなくなるし、やらなけれいけない行動に影響が出る。それこそポスティングに行けなくなったり、優先事項の数字の管理が進まなかったり。あと、チラシを作ったり、WEBサイトのコピーも書けない・・・仕事が後回しになってしまう。後回しになるということは目標達成できず、自分の人生をコントロールできなくなる。やっぱり、自己管理だなと思った。

そう考えると、健康的に生活するのにお金ってそんなに必要な良いんだなと思った。昔、収入がなかった頃は、毎日お金を気にせずに使いたいと思ったけど、そんな生活してたら逆に体を壊すだけ。

やっぱり質素倹約だね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です