伝えることが成長を加速する

あと20分で生徒さんが来ます。

 

今日は久しぶりのレッスン。

 

最近は、整体スクールでの

新規募集をしていないので

生徒さんは増えていませんが

卒業生のサポートは続いています。

 

生徒さんとのレッスンは

相変わらず気づきが多く

貴重な時間になっています。

 

ちなみに生徒さんは優秀な人ばかりなので

教えることはほとんどありません。

 

 

生徒さん自身で気付いてしまうので

僕の役割としては気づく環境を用意すること。

 

環境さえ整えば

自分で勝手に答えを

見つけてしまいますからね。

 

ほとんどの質問は

すでに僕が通って来たもので

答えを言うのは簡単。

 

ですが、その答えを教えるのは

生徒さんにとってプラスになるとは限りません。

 

その時は喜んでくれるかもしれませんが

後になって役立っているかというと、それは別。

 

逆に生徒さんの足を引っ張ることになることも。

 

今までの経験から分かるのは

自分で考えて気付いたことしか

自分のためにならないということですね。

 

自分が経験した答えを教えるのは簡単ですが

相手のためになることは何なのか

これでは難しいですね。

 

その視点を持つと

セミナーで誰かに教わることよりも

人に教えることの方が

自分で考える機会が増えるので

成長を加速させると言えますね。

 

人に教えるということは

自分で考えて答えが出たものじゃないと

伝えることができないません。

 

だから、人に教えることこそが

自分を成長させるために必要なことです。

 

これは生徒さんを持つとかいうことではなく

お客さんに対しても

同業者に対しても

友達に対しても

出し惜しみせずに伝えることが

自分を成長させることにつながるということですね。

 

ー粕谷雄三

 

PS:

アイキャッチは以前の勉強会の時のもの。

勉強会は最近やってないので

またやろうかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です