仕事をやらない効果

昨日は家族と過ごす日。仕事をやらない日の初日ですね。

と言っても、朝3時には起きて6時までは忙しく日課と仕事をやってしまいましたが、、、

もちろん、計画通り6時からは仕事を休みにしました。

6時過ぎには子供たちが起きてきたので一緒にご飯を食べました。そのあと、7時半〜子供たちは戦隊ものの番組を見ていたので、寝室でベッドに寝転がりながらYouTubeを見ながら、うたた寝。

気づいたら9時でした。

妻が部屋に入ってきて「暇そうだね」の一言。確かに暇で何をやったらいいか分からない。時間がある時は本でも読もうと思っていたのですが、とりあえずダラっとしてみました。

最近はあくせく生き急いでいる感じがありましたから、ダラダラするのは久しぶりな感覚で新鮮でした。

そこで2日前から、脈拍を測って精神状態と体の状態をチェックしているので、脈拍を測ってみました。

方法は15秒間測って、それを4倍にするだけ

50〜60なら落ち込み気味

60〜70なら平常

75以上は、やる気満々

80以上は、興奮状態。(すごく怒っている・ウキウキ)

この時の数は15秒間で20回でした。

ということは、4でかけると80回。

興奮状態です。

2日前から測っていますが、毎回この結果がでます。ということは、常に興奮している状態ということです。

常に興奮しているということは、あまり体には良くない状態なので、そんな時は一息ついて気分転換するこが必要。

ちょうど日曜日に仕事を休むことにしたのは、いい流れですね。

あ、ここ半年くらいお酒を飲むと夜中に動悸がして命の危険を感じたの、興奮状態だったからですね。お酒を飲むことでさらに興奮状態を作っていたということなので、これは危険ですね。

体のサインとしては半年くらい前から、一息ついて欲しかったということです。

リラックスが必要だったのに、逆のことをしていたら体を壊すのは必然ですね。時間はかかりましたが、そこに気づけたのは良かったです。

昨日休んだ結果、今日脈拍を測ると64回でチェックして初めて平常値に戻りました。

昨日の夕方から頭がクリアにもなってアイデアが浮かんできたので、体をチェックすることはとても大事ですね。

仕事は好きなのでどれだけやっていてもいいのですが、定期的に仕事から離れることは体にも仕事の成果にも大事なようです。

ということで、日曜日は仕事をやらない日を継続することになるので、その分、他の曜日は行動計画通りにやっていきたと思います。

ーかすやゆうぞう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です