人生をかけてもいいかな、と思ったこと。

昨日は整体スクールの体験会を開催。整体の現場で仕事をしている方が体験会に参加してくれた。

 

その方は整体を学校で習ったのではなく就職先の研修で身につけたとのこと。整体歴は9年。働いているお店は◯◯分◯◯◯◯円というお店で治療というよりもリラクゼーションの部類。

 

全身を揉みほぐすのではなく、痛みの原因を見つけ触るだけで痛みの改善ができるようになりたい、、、ということを話してたので、その方がうちに来たのは痛みを取る技術を知りたいのかなと。

 

でも、整体は筋肉を揉むこと、という意識があるようで「揉まなくてもよくなる」ということを伝えると「本当かな〜」という顔をしていた。

 

まあ、これは話しても通じないので自分の体で体感してもらうことに。

 

説明をしながら施術。だが体の調子が良かったのもあり、反応は少しあるかないかという程度。正直、イマイチなリアクション。まだ本人の感覚がよかったから変化は感じ興味は持ってくれた。

 

そこで今度は実際に施術をする側に。

 

ちょうど整体スクールプロジェクトで一緒にやっているプロモーターの吉倉さんがビデオ撮影に来ていたので、患者役になってもらった。首を寝違えていたようでちょうどいいタイミング^^

 

施術前に吉倉さんの体をチェックすると明らかに体の循環がよくない。腕を上げ肩の検査をすると半分くらいの可動域。さらに天井を見るように首を反ってもらうと顔を歪めるほどの痛みが出た。

 

これを確認し施術を参加者にしてもらい施術後に再度チェック。まずは首。首を反ると痛みは残っているが歪めるほどの痛みはない。動きもよくなっているのは確認できるほどに。

 

その方も整体をやっているだけあって動きがよくなっていることに気づいた。今までのように筋肉を揉まなくても改善できることを実感してもらえた。

 

さらにチェックを続ける。次は肩のチェック。肩は動きに変化がなく固いまま。だいたい肩はすぐに変化が出るのだが調整がもう少し必要と判断。そこで僕が背骨を5秒ほど触わり、もう一度肩をチェックするとさっきまで上がらなかった肩が上まで軽く上がった。

 

その瞬間、参加者の整体師さんと施術を受けたプロモーターの吉倉さんとの2人から「おおっー」という声が・・・そのあと、参加者の整体師さんが「今背骨を軽く触っただけですよねー・・・何でそれで変わるのですか?」と前のめりに聞いてきた。

 

その時、僕の中では当たり前だと思っていたスキルが2人の反応を見て他にはないスキルを持っているんだなと気づいた。これを磨けばもっと多くの人に大きな感動が与えられるのかと思うとこれを磨かないわけにはいかないなと、素直に思えた。

 

整体はずっとやめたいと思っていた。でも続けたことでパラダイムシフトできるようなスキルになるとは人生何があるか分からない。

 

どんなことでもただ続けるだけで意外な世界に連れてっててくれるかもしれない。

 

これから先、もっとスキルを磨けば想像以上の景色が見えるかもしれない。スキルにフォーカス、なかなか面白いマインドだ。

 

ーかすやゆうぞう

 

PS:写真は僕の手。この手が理想を現実にしてくれると思うと楽しみしかない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です