人生の転機

うちに来ていたクライアントさんが昨日で卒業。

1年半くらい通ってくれたかな。

 

 

この1年半で彼は別人になった。

 

でも、それは腰痛がラクになったからではない。

姿勢がよくなったからでもない。

健康に気を使うようになったからでもない。

 

じゃあ、何が彼を別人にさせたか、というと

自分の価値観に気づいことだ。

 

そのきっかけは「7つの習慣」。

 

彼に迷いがあったからだと思うが

7つの習慣を読むといいよ、彼に伝えた。

 

彼も素直に7つの習慣を読んだ。

 

本を勧めてもほとんどの人は言い訳をする。

そして読まない理由を正当化する。

 

だから、すぐに読んだと聞いて少し興奮してしまった。

 

彼なら行動できるかもしれないと

コアバリューの書き出しを勧めた。

 

そこから、来院するたびに

コアバリューを一緒にチェック。

 

具体的に書けているか、そこを重点的に見て

書けてなければ書き直す、という作業を繰り返した。

 

そして、彼は自分でも気づいてなかった

移住したいという価値観を発見した。

 

 

でも、その先のハードルが高い。

仕事をやめるという壁。

 

今の安定を捨てて新しい環境に行く人なんて

脳の働きから見てもできることじゃない。

なので、彼も書き出して自分の価値観に気づいたが

それ以上は行動しないだろうと思っていた。

 

思考は現実化する

 

そんな時、思ってもいないことが起きた。

 

急に仕事をクビになったのだ。

 

業績不振だったか忘れたが

人員整理をするということを言われたとのこと。

 

でも、まさか自分が仕事をクビになるなんて

彼は思ってもいなかったみたい。

 

僕はそれを聞いて価値観を書き出しことで

引き寄せたな、と勝手に思った。

 

だから、これはチャンスだと僕は捉えた。

 

そこで彼にこれはチャンスじゃないのか、問いかけた。

 

 

生活費を稼ぐために一度は就職したが

彼も思うところがあってみたいで

すぐに移住先を探し始めた。

 

そして募集を見つけ面接に行き出した。

 

最初の面接では落とされたが

落ち込んではいない。

 

逆に勢いがついてすぐに次の場所を探し始めた。

 

で、今月の8月1日に面接し移住が決定した。

9月は移住先の仕事の農家が忙しいので

できれば早く来て欲しいということで

移住が決まってすぐに仕事を辞めることを会社に伝えた。

 

昨日その話を楽しいそうに話している彼を見て

うちに初めて来た時と別人だなと思った。

 

 

今の彼は本音そのもの。

自分の価値観にあった行動をしてるから迷いがない。

 

会社を辞めると伝えた時も

同僚から「田舎に引っ越したら彼女できないじゃん、、、」など

いろいろ心配されたという。

 

でも、彼はそんなことは全く気にしてなかった。

 

「そこを気にするの!」と笑ってたくらい。

彼の価値観が明確だから何を言われてもブレないんだなと。

 

本音で生きると明らかに周りと空気間が変わってくる。

 

変わってるね・・・と言われることが多くなる。

 

でも、よく考えると

みんな顔が違うように価値観も違うはず。

 

もし、みんなと同じような価値観を持っていると思うなら

それは世の中の価値観に流されて本音が見えなくなっているだけだ。

 

彼の行動をみて勉強になった。

 

いかに本音で生きるか。

いかにゴールに向かって泥臭く行動するか、だなと。

 

ーかすやゆうぞう

 

P.S:写真がその彼。いい笑顔ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です