事実を知って選択肢を広げる

妻と子供たちが地元のお祭りに参加。

 

その間、動画を見ようと思ったのですが

あまりに天気がいいので

区切りのいいところで動画を止めてジョギングへ。

 

天気がいいと意味もなく

出かけたくなりますからね。

 

ジョギング中はオーディオブックを聴きながら走りました。

頭も身体もリセットできる贅沢な時間。

 

リラックスしていたからか

ジョギング中にふと

近所の養鶏場へ行こうと思いました。

 

そこの卵は近所のスーパーでも売られています。

 

最近もここの卵を食べたので

どんな環境で育った鶏の卵を食べたのか

興味が出たので一度見た方がいいなと。

 

そこで現地に行ってみたんですが

部外者は立ち入り禁止と書いてありました。

 

衛生上の問題らしいです。

 

なので、建物の外から雰囲気を確認。

 

外からだと中のことは分かりません。

でも、放し飼いではないということだけは分かりました。

 

ま、予想通りです。

 

つまり、日の当たらない

建物の中で育てられている鶏の卵を食べているということです。

 

スーパーで売っている一般的な値段の卵は

基本的にはゲージの中で飼育された鶏の卵です。

 

前までは違和感がなかったのですが

よく考えるとゲージの中ということは

運動をほとんどしない鶏なんですね。

 

そんな鶏の卵で健康になれるのかなと。

 

まあ、栄養素だけを考えると

大丈夫なのかもしれませんが

気分的には良さそうな気がしません。

 

人間で考えると、

ベッドの上で毎日過ごしている人と

 

運動して過ごしている人では

どっちが健康的なのかというと

運動している人ですよね。

 

となると、不健康な鶏の卵を食べているということです。

 

そんなことを考えると

スーパーで売られている卵を食べる気がしませんね。

 

知識がつくと生きづらいくなるといいますが

まさにこういうことですね。

 

ただ、それを覚悟で勉強しているので

今回のように事実を確認する作業を増やしていけたらと思います。

 

希望としては

健康的でエネルギーがあるものを食べたいと思っています。

でも、そんな食べ物は手間暇かかっています。

 

つまり、コストが高くなるということ。

 

それを選択するにはお金が必要になってきます。

 

食べ物は固定費ですからね。

 

なので、選択を自由にするには

お金がある程度必要になってくるので

人の健康に関する仕事をする人は

お金を稼がないといけないということですね。

 

ーかすやゆうぞう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です