久しぶりに次男を保育園へ。

妻の体調が良くない、ということで

朝から子供たちの朝食の準備。

 

長男を送り出したあと

次男を保育園まで送りました。

 

普段は妻に子供のことを任せているので

僕が保育園に送っていくのはいつぶりだろう。。。

 

そういえば、長男が保育園に入園する時に

妻が体調不良だったと思いますが

入園式に一人で出席して

しばらくの間保育園への送り迎えをした覚えがあります。

 

生まれてから一緒にいた長男を

初めて保育園に預けるということで

大丈夫だろうかと心配した記憶が。

 

その心配が子供に伝わったのか

登園1日目に保育園からの電話。

 

長男が熱を出したというので

迎えにきてほしいとのこと。

 

職員室に迎えにいくと僕の顔を見て安心したのか

急に泣き出す長男。

その顔を見て涙が出てくる父(笑)

 

いや〜、懐かしい思い出です。

 

2番目の子からは

親も保育園にも慣れて

そんなこともなくなりましたが

初めての経験って感情的になりますね。

 

初めての経験といえば

3、4年前に東京でのセミナーを思い出します。

 

東京は一人で行ったことがなかったので

新幹線に乗るだけでワキ汗、、、(笑)。

 

東京駅に着いてからも

どうすればいいのか分からず

人に聞きながら乗り換え。

 

会場がある駅に着いても方向が分からず

ドコモで買ったギャラクシーのタブレットを片手に

会場を探していましたからね。

 

ずっと緊張しっぱなしで

時間の流れがゆっくりと感じました。

 

安心領域の外に飛び出した瞬間

 

それまでセミナーというものに

お金を投資する価値観はなく

参加する気もなかったですから。

 

まして、今まで払ったこともないような

高額の金額を投資しての受講。

 

安心領域の外に引っ張り出してくれた

ダイレクト出版にはホント感謝です。

 

たぶん、ダイレクト出版に出会ってなかったら

安心領域の外に出ることはなかったんじゃないかと。

 

今では安心領域の中にいるに

抵抗がありますからね。

 

ということは、

僕が安心領域の外に出はじめたのは

ここ3、4年ですね。

 

 

安心領域の外に出ることで

毎日が楽しくなっているので

安心領域の外に出続けないといけません。

 

ダイレクト出版のマーケティング力のおかげで

僕の人生の転機になったわけですが

 

人の役に立つという想いのある商品があるのなら

マーケティングを学んだ方がいいですね。

 

いくら商品が良くても

その価値を伝えることができなければ

価値はないですから。

 

逆に、マーケティングを学んでも

商品が良くなければ

相手をがっかりさせるだけなので

商品が相手に価値あるものというは前提ですけどね。

 

 

今の僕は商品力を磨く時期。

 

マーケティングを学んだからこそ

価値ある商品が必要だと気づけたので

商品やマーケティングのスキルを磨き続けたいと思います。

 

ーかすやゆうぞう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です