両極を選択する人間になりたい

昨日、今日と1泊2日で作手村にキャンプに行ってきました。

 

このキャンプ場は

僕が小学校の5年生の学校行事で

行ったキャンプ場です。

 

何となくキャンプ場を探していたら

このキャンプ場をたまたま見つけて

勢いで申し込んでしまいました。

 

ちなみに、このキャンプ場の名前は

大府市野外教育センター。

 

ご覧の通り市が運営しているキャンプ場です。

 

ここの魅力はコスパ。

バンガロー1室、1泊2日の値段が1190円。

これ1人の料金ではなく家族5人での料金です。

 

他の料金は一切かかりません。

 

鍋や包丁などの調理器具も無料。

さらに薪やシャワーも無料です。

 

必要なものはほとんど揃っています。

 

なので、自分たちで用紙するのは

食器と寝具くらいです。

 

バンガローやトイレなど

見た目の古さはあるものの

中に入ると、リフォームされていてキレイ。

 

全く古さを感じさせません。

今まで行った中でトップにくるキレイさ。

 

管理人さんをはじめスタッフの方の対応もいい。

 

言うことなし。ここは穴場だなと。

 

大府市が管理していて宣伝もしていないので

絞って検索をかけないと探すこともできない。

 

たとえ見つけたとしても大府市をはじめとする

知多半島に在住、在勤の人しか申し込めない。

 

こんな事情もあったためか

予約を申し込み期限ギリギリの一週間前に取りましたが

 

他に1組しかいませんでした。

 

管理人さんに話を聞くと去年までの傾向では

お盆は外国の方で予約が埋まるようですが

今回はオリンピックの影響なのか

お盆休みにガラガラなのは珍しいとのことで

ゆったりと過ごせてラッキーでしたね。

 

 

さて、両極を選択できる人間になりたい。

 

今回なぜこのキャンプ場を選んだのかというと

さっきも書いたようにコスパです。

 

いままでにない価格だったので

これは行くしかないだろうと申し込みました。

 

なので、他のキャンプ場と同じように

相場の金額だったら行ってなかったと思います。

 

この夏の目的は、このブログでも書いているように

子供にいろいろな体験をさせること。

 

そして移動距離を増やして

自分の発想力、アイデアを出すためです。

 

なので、設備が整っているとかは関係ありません。

 

ただ今までの経験から料金の安いところは

その場に集まるお客さんの質がよくないと感じることが多いです。

 

つまり環境がよくありません。

 

なので、あえてそういう環境には避けてきました。

 

でも、今回もそういう面で気になっていましたが

人が少なかったおかげで

あまり気になりませんでしたね。

 

ちなみに、相場よりも高い料金を出すと

そこに集まるお客さんの質もよくなるので

セルフイメージを上げたい時には

ある程度お金を投資して

場所を選択するのがオススメです。

 

結局、目的ありきです。

 

目的次第で行く場所も料金も選ぶ。

 

料金なら、今回のように1泊2日で1190円のところに行くことがあれば

1人1泊10万円のような高級ホテルと呼ばれるようなところにも泊まる。

 

決してお金だけでは決めない。

自分の目的にあったものを選択する。

 

目的にあっていれば値段は関係ありません。

 

値段だけで判断するような

縛られた人間にはなりたくないですからね。

 

ということで、

そんな柔軟な選択ができる人間になりたいと思った2日間でした。

 

お金だけでいうと

料金の高い・安いだけを基準にするのではなく

目的に応じて変えていければなと思います。

 

特に子供にはこの柔軟性を身につけてほしいと思っているので

いろいろ高級なところからチープなとこなところまで

体験させたいですね。

 

では、今日はこのへんで。

 

ーかすやゆうぞう

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です