ルーツ

このブログでも何度か書いた記憶がありますが、3年前に整体の仕事を辞めて就職しようと思ったことがありました。

 

採用試験を受け合格。

 

条件を提示され現実的なことを考えると

今の生活がめちゃくちゃになるのが目に見えて分かる。

 

家族は賛成してくれましたが

そこまでしてやる理由があるのが僕には分からず諦めました。

自分の価値観がそこになかったんだなと。

 

でも、挑戦してみたい気持ちは今でもありますね。

と言ってもう就職することはありませんけどね。

 

でも、なぜそこまでその会社に魅力を感じるのか。

 

その会社では採用を強化するために

ペルソナになる何人かの社員と面談してインタビューを実施。

 

面談した社員から共通した言葉を探すと

3つの言葉が共通して出てきたらしいのです。

 

 

それが「自由」「責任」「成長」という3つのキーワード。

 

こんな企業文化を持った会社だから魅力を感じたのです。

 

と言っても、今考えれば組織の中の「自由」「責任「成長」には限界があります。

最終的な責任は社長にありますからね。

 

ということは、

僕を満たすには自営業としてやる以外にないのです。

 

 

 

とにかく「自由」でいたい

 

これは子供の頃からのルーツ。

思うがまま行動したいというのが

子供の頃から一貫してあるもの。

 

自由というと聞こえはいいですが

その裏には責任を負わなければいけません。

コインの表と裏のように自由と責任はセットなのです。

 

多くの人は自由でいたいと言いいますが

責任は負いたくないとも言います。

 

僕が多くの人と違うのは責任をすべて自分で負いたいと思っているところ。

誰かに責任を負ってもらうのは耐え切れません。

誰かに責任を負ってもらうということは

その人が僕の自由を握っていることになるからです。

 

ということは、会社員にはなれないということ。

 

まあ、なる気もありませんけどね。

 

自由でいたいというルーツからいくと

その選択肢がないのが必然ですね。

 

あなたはすべての責任を負いたいと思いますか?

 

ーかすやゆうぞう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です