マスターマインド(ウェスティンホテル東京)

昨日はマスターマインド。

毎度のことですが、パラダイムシフトが起きましたね。

東京に行く交通費と飲食代だけでは安すぎるという内容。

特に気づきを与えてくれたのは、1年ぶりにお会いしたセルフイメージ先生。

相変わらずの貫禄ですね。

セルフイメージ先生の仕事は営業マンですが、人を見抜くことに秀でた人ですね。本人も気づいていたようですが、コンサルとかコーチングの仕事の方が営業よりも多くの人の役に立つんじゃないかなと。

営業でも世界第2位の実績を持っているだけに営業のままでもよさそうですがより、アドバイスをする方がより価値が出てきそうなので、ぜひコンサルやコーチングをしてもらいたいですね。

さて、そのセルフイメージ先生は、昨日も会った瞬間から僕が何かスッキリせずに曇っていることを見抜いていたみたいです。

それを言われ「何で分かるんですかー?」と聞くと「名古屋からくること自体、何かあるかなと思うのが普通ですよ」と言われたので、そう考えると、まあそうですね(苦笑)。

とにかく原理原則をみている方です。

で、セルフイメージ先生からのアドバイスは、

『「手段」よりも「目的」が大事ですよ。』ということでした。

原則なので普段から気をつけていることですが、気づかないうちに「手段ありき」になっています。

「手段ありきなのはゴールが明確になっていないからですよ。」とさらにアドバイス。

他には「積み上げ式」だからですね、と何度か同じアドバイスをされ、結局ゴールが曖昧なんだなということ。

行き着くところは、「目的」「ゴール」を明確にするということです。

それも『本音』の部分で。

この『本音』がやっかいな部分が自分では見つけにくい。当たり前すぎて見えないのです。

なので、これを指摘してもらえる人の価値が出るのは当然です。

セルフイメージ先生は、原理原則に従っているかを確認しているだけ。話を聞くと7つの習慣をそのまま伝えてくれる人なので、特に知らないことを教えてくれるわけではないのですが、原理原則がなかなか難しいですね。

改めてゴールを明確にしないとと思いました。

ゴールを明確にするときのアドバイスとして

「何でもありですけど、どうしますか?」

と言われ、「あ〜ここでも制限を作っていたな」という積み上げ式だったことに気づきました。

自分のことって当たり前すぎて気づかない。

だからこそ、そこを気づかせてくれるセルフイメージ先生に価値を感じてしまいますね。

まあ、去年と同じことを言われただけなんですけどね。

自分としては、この1年実践して成長したと思っていたので残念だったのですが、セルフイメージ先生からは「その質問をするということはステージが変わったということですね」と同じことを言われならも成長はしているようです。

ゴールが明確だったらそこまで成長していたのかと思うと、これからが楽しみです。

ーかすやゆうぞう

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です