マインドセット

予約帳を見ると、、、今日の予約がびっしり埋まっている。昔の自分なら夢のような状態だ。しかし、予約帳が埋まると、つらくなってくる治療家も多い。僕もその一人。

それは、なぜか?

それは、「治さないといけない」という責任感からくる。

治したいという気持ちを持つことはもちろん大事。それがないなら治療家なんてやっていてはダメ。でも、それが強すぎると苦しくなる。

なぜ、そうなるのか?

そもそも「治す・治さない」という考えを間違えているような気がする。治るか、治らないかは患者さんの体がすることだからだ。調子に乗って自分が治すなんてことを思っただけで治るものも治らなくなりそうだ。

ちょうど、そんな時にある治療家のメッセージが。。。

『治そうなんて考えてはいけない。痛みなどの症状を追ってはいけない。我々の役割は、患者さんの体がどんなメッセージをだしているのか、を見つけ手や言葉を通じて患者さんに気付かせてあげること、、、結果その気づきが体を治すことにつながる。』

と言っていた。

なるほどな、と思った。

つい、目の前の患者さんをどうにかしたいと思って、骨や内臓のゆがみを物理的に治そうとする。でも、治療家の役割は、治すことではなく、「体からのメッセージを患者さんに気付かせてあげること」これが大事だな、と再確認した。

マインドセットを変えるだけで、結果が違ってくる気がする。

やっぱり、マインドセットだね

かすやゆうぞう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です