チャンスはこんなことで逃げていく・・・

先月から契約したビジネスパートナーの方と対面で会う約束をしていた。だが、その方が体調を崩し当日の予定がキャンセルになった。実は予定がキャンセルになることは予想できた。それは、この一週間連絡がなかったからだ。

あるDMの作成をお願いしていたのだが、期限を過ぎても連絡がない。こちらから、連絡しても返事が来ない。という3日続き、これはインフルエンザにかかっているかもしれない、とか、連絡がないのはもっと深刻な病気や事故かもしれない。なんて考えてしまった。

さすがに、昨日は約束していた日だったので直接電話もして連絡を取ろうとした(ちなみに約束もしていない電話はほとんどかけない)。しかし、留守電につながり出なかった。もしかしたら新幹線に乗っていて連絡が取れないんじゃないか、と思ってそれから会う約束の30分前になるまで待った。そしてもう一度電話をかけた。

すると、電話にでた。やっと連絡がついた。でも、出た瞬間に今日の予定はキャンセルだなと一瞬でわかった。明らかに雰囲気がいつもと違う。声のテンションも低い。話を聞くと、やはり体調を崩していたということだった。

不思議なもので連絡がつくまで連絡を取りたいと思っていたのに連絡がついて話してみると連絡がつかなければ良かったとがっかりした。

電話に出る余裕があるのならかけ直すことができたからだ。そして仕事の依頼もその時は、どうしていいかわからずに体調が戻るのを待つと返事をしたが、考えてみると待てない事に気付いた。そんなに待っていたらその時間の損失の方が大きいのがその理由。

それに、今までの経験上一度連絡が取れない無責任な事をする人は繰り返しする傾向がある。だから、逆にこのタイミングで良かったかなと思う。

この経験で思ったのは、自分も同じことをしていないかということ。自分が調子が悪かったり、アクシデントが起こった時に、相手のこと優先して考えられるか、それが大事だと思った。

どれだけ仕事の腕が良くてもここが抜け落ちているクライアント信頼関係がなくなり成果を出すことが難しくなんじゃないかな。

僕で言えば患者さんを治すことが難しくなるということ。

当たり前のことだが、昔から言われるが信用が大事ということ。信用してもらうのはとても時間がかかる。しかし、あなたも知っている通り信用を失うのは一瞬だ。時間や期限を守る事は最低限のマナー。何かあった時は必ず前もって連絡する。これは、当たり前だけどとても重要なことだと思う。

あなたがどう思うかわからないが、お金がもらうにしても、もらわないにしても、結局人と人との付き合いだから、そこだけは大事にしたいといけないなと思った。この当たり前のことができない人が多すぎる。

まあ、結局はその人に仕事を依頼した自分が悪いのだけどね。。。

 

追伸

もし、あなたがこんな経験があるのなら2度としないように気をつけることだ。なぜなら、たった一つの連絡があなたのチャンスを逃すことになるからだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です