コアを見つける

もうすぐクライアントさんが来るので

書き切れるかどうか分かりませんが

とりあえず書けるだけ書こうと思います。

 

この5年、、、いや開業してからですね。

 

痛みを改善させることを目的に

整体をしてきました。

 

ですが、何となくフィットしない感覚があって

悶々していました。

 

たぶん、もっとコアな目的が見つけられないから

悶々としていたのです。

 

でも、悶々とし続けることも意味があります。

なぜならフィットする時が来るからです。

 

前にもブログで書いたかもしれませんが

僕のコアな部分には「元気」という言葉があります。

 

痛みの改善にフォーカスしても

フィットしなかったのは

痛みが取れることと

元気になることはイコールではないからです。

 

痛みがなくても元気がない人はたくさんいます。

 

逆に痛みがあるのに元気な人もたくさんいます。

 

そのギャップを無意識に感じていたので

痛みが取れることは

僕の中でつながらなかったのです。

 

でも、チラシやホームページなどの広告では

痛みを改善させることが入り口になります。

 

例え、元気になりましょう、と言って

チラシやホームページで書いても

誰にも伝わりませんからね。

 

痛みは、あくまでも入り口。

 

 

でも、最終的な目的は元気になるため。

 

となると、痛みはそれほど問題ではありません。

 

とにかく元気になるための体を作ることが

自分の仕事なのです。

 

痛みを取ることにこだわらなくなってから

クライアントさんも痛みにこだわらなくなりました。

 

痛みではなく

元気な体を作ろうという意識が

出てきたのです。

 

クライアントさんの意識が変わったのは

僕がクライアントさんに投げかける言葉が変わったから。

 

以前なら、クライアントさんに

どう思われるかというのが

気になって言葉を通じて

相手に伝わっていたのでしょう。

 

今ではそんなことを気にせずに

伝えたいこと、伝えるべきことを伝えています。

 

心の底から出る言葉は力があると言いますが

本当にその通りです。

 

僕に迷いがないので

クライアントさんも疑う余地がない。

 

そう考えるとコアを見つけるだけで

クライアントさんとのコミュニケーションが

今まで以上に取れるようになりました。

 

その結果、たくさんのクライアントさんが

以前よりも元気になっています。

 

 

いい傾向です。

 

あとは、なぜ僕の中で元気がコアにあるのか。

 

これはもう少し深掘りする必要がありますが

それはこれからボチボチとやっていきます。

 

では。

 

ー粕谷雄三

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です