コアに近づくと見える景色が変わる。

今、施術が終わりました。

 

今日は午前中の施術が終わってランニングへ。

 

久しぶりのランニングのせいか

左膝に違和感がでました。

 

左膝はよく痛みが出るところで

ずっと気になっている箇所です。

 

無理をすると痛みが長引くことがあるので

1キロほど走って帰ってきました。

 

35歳を過ぎて左右の非対称性が

大きくなっている感覚があります。

 

身体の左右差が出たのは

何年も前からですが

自分では治すことができませんでした。

 

ヨガである程度バランスが良くなってはいるのですが

これだけではまだ足りない感じがあります。

 

なので、今年は身体を戻すために

パーソナルトレーニングへ行く予定。

 

自分の体の動きを追求することは

昔からうれしい感覚があるので

これで身体が変われば

整体院のメニューも増やしていこうと思います。

 

去年の終わりから

トレーニングメニューを導入しているのですが

整体の施術だけやっている時よりも

クライアントさんの反応がいいです。

 

まだ数字では出ていませんが

当たり前のようにリピートしてくれる感があります。

 

もちろん、運動じゃなくて整体をやってもらいたいんだ、という人は

初回だけで通ってもらえないことが多いですが

ま、それはそれでいいと思っています。

 

自分の価値観から外れてしまうと

多くのクライアントさんがきても

施術するのが苦しくなる一方です。

 

それではクライアントさんに本当の価値は

提供できないですから。

 

トレーニングを入れることで

自分の価値観に合ってきて

クライアントさんとのコミュニケーションが

上手く取れてきてます。

 

あくまでも実感としてですが。

 

これはクライアントさんに対して

自然体で接することができるようになったことが大きい。

 

今までは、自分が伝えたいことよりも

相手が求めていることを話そうとして

変に気を使っていましたからね。

 

それを感じ取ってクライアントさんは

距離を置いているような感じでしたから。

 

でも、僕が伝えたいことを夢中で話していると

相手も自然に受け入れてくれます。

 

言葉を聞いているよりも

直感的に感じ取ってくれるという感じ。

 

情熱を持つことが大事だということは体験できています。

 

だんだんと整体という仕事がフィットしてきました。

 

同じ仕事をしているに捉え方次第で

これほど感覚が変わるのは不思議です。

 

ちょっとした差が

憂鬱だった仕事を楽しくさせてくれました。

 

そう考えると感覚的に違和感があるなら

一気に変えるのではなく

ほんの少しの変化でいいのかもしれません。

 

自分のコアな部分に近づくだけで

見える景色が変わりますので。

 

そのためには、当たり前過ぎて見えない

コアな自分を探し続けることですね。

 

ーカスヤユウゾウ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です