クライアントさんと向き合っていますか?

クライアントさんと向き合う。この向き合うというのは、クライアントさんを痛みの悩みを解決するためだけに集中している状態のこと。これができている時は気持ち良く施術することができるし、施術効果もいい気がする。

逆に、売上のことを少しでも気にしてクライアントさんと接すると気持ち良く施術することができない。いつもなら施術後変化が出るはずなのに変化がでないなんてことが増える。それに、マッサージ目的の方や興味本位で施術を受けたいという望まないクライアントさんが増える。余計施術に集中できない状態が作られてしまい、負のスパイラルにはまっていく感覚がある。

自分の気持ちってクライアントさんには潜在意識の部分で分かってしまう気がする。表面的には隠せても潜在意識では隠すことがせない。必ず精神状態で現実が変わる。

昨日、整体院の売上などの数字を見ていたのだが、その時の自分の精神状態を表しているような気がした。気持ちに迷いがある時は新規の数が減った、リピートするクライアントさんの確率も目に見えて減る。

自分の気持ちがリピート率や売上に関係しているんじゃないか、とは思っていたが数字でも同じような結果が出ていると気持ちというか意識から変える必要があると思った。数字をざっと見ただけだが気持ちが安定していない時は数字も良くない結果がでていた。気持ちが安定していない時はクライアントさんと向き合えていない時。つまり、クライアントさんを治すことに集中できていないということが良くわかった。

クライアントさんは簡単に僕らの気持ちを見抜く。意識しなくてもなんとなくという感覚、潜在意識で見抜かれてしまう。だから、真剣に向き合っているのか、口だけなのかは感覚で見抜かれてしまうのだ。

あなたも、店に入ったらなんか空気が良くないなんてことを経験したことがあるはずだ。いい店なのにまた行きたいとは思わないとかね。

だからこそ、真剣にクライアントさんと向き合い、治すことに集中することをしないといけない。

ーかすや

P.S.
写真は散歩中に撮ったものです。水が一箇所に向かうようにクライアントさんの痛みを取ることだけに集中したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です