イライラの理由

ついイライラする時がある。

 

で、そのイライラに気づくのは

その時に分かることはあまりなく

誰かと話している時にポロっとと口から出て気づくことが多い。

 

でも、このイライラするのは

相手に対してイライラしているのはない。

 

例えば、新規のクライアントに

伝えたいことが伝えられない時。

 

何で、伝わらないのかと

クライアントに対してイライラしていたと思っていたが

実は、クライアントに伝わるように

伝えられない自分にイライラしている。

 

これは笑いのメカニズムとリンクするか分からないけど

脳科学によって笑いが証明されたという話がある。

 

今までは、ギャップによって笑いが起きると言われていたが

今では、違った結果が出ているらしい。

 

今は、ギャップによって笑いが起きているのではなく

ギャップを感じてしまった自分に笑ってしまっている、というのが

最近、脳科学で証明されたらしい。

(リサーチしてないので本当かどうかは分からないが・・・)

 

ま、これが本当かどうかは置いといて

 

イライラするのも、笑ってしまうのも、感動するのも

何かに対してしているのではなく

全て自分に対してのリアクションだということ。

 

 

つまり、人に対してではなく

自分に対してということがポイント。

 

 

これが自覚できると

愚痴や不平不満は言わなくなるはず。

 

自分に対しての感情は

愚痴にならないからね。

 

つまり、「全ての責任は自分にある」ということだね。

 

自戒の念を込めて、書いておきます。

 

ー粕谷雄三

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です