また楽しい時間を作ればいいということ。

3日間休みを取ると

だいたい仕事をしたくなります。

 

連休の後は毎回のようにこの感情が出てくるので

僕にとって仕事は必要なものなんだなと思いますね。

 

と言っても、今回の連休が楽しくなかった訳ではありません。

 

久しぶりに楽しくて贅沢な時間でした。

 

周りの協力がなければ

今回の旅行は実現できませんでしたから

ホント義母や子供たちに感謝です。

 

 

 

時間が巻き戻せるなら

3連休の初日に戻って

また同じ時間を過ごしたいと思うほど

新鮮で楽しかったですから。

 

 

そんなことを今朝思ったあと

ふと、巻き戻すことはできないけど

再現することはできるな、と思いました。

 

つまり、また楽しい時間をつくればいいということです。

 

当たり前のことですが

この考え方は今まで気づかなかったので

この気づきは大きいです。

 

また同じような時間を過ごしたいなら

年に何回とか、、、月に何回とか制限を作るのではなく

毎日そういった生活ができるようにしていけばいいだけ。

 

そういう気持ちがある一方で

「自分にはそんな生活は無理・・・」と思うのは

単なる思い込みに過ぎませんから。

 

それは自分でブレーキをかけているだけです。

 

ブレーキを外して

理想の生活に向かって行動していけば

実現できる可能性は増えます。

 

それに行動を始めると

目標に達する前から楽しくなってきます。

 

目標に向かって進むこと自体が楽しくなります。

 

行動を始めた時点で毎日の生活自体が楽しくなるので

その生活自体が理想の生活になってしまうような気もします。

 

結局、目標を決めて進むと楽しくなるのです。

 

その楽しい充実した生活をするためには

まず制限をなくすこと。

自分には無理、、、という思い込みをなくすことです。

 

思い込みをなくすことで

行動をできるようになります。

 

行動できない状態は考えている状態ですから。

 

楽しいと思えるのは自分の本音なので

その感情を大事にするためには

その時間が増えるような行動をしていけばいい

ということですね。

 

 

この感覚は大事だと思うので

何か感じるものがあれば使ってください。

 

ちなみに、あの時は楽しかったなと、思い出の中で生きてる人がいますが

そういう人は行動できてない人のような気がします。

 

ビジョンが描ければ、それは実現できることです。

もし、あの時は楽しかったなと思うなら

今から行動するのも一つの手だと思います。

 

もう遅いということはない。

やりたいと思った時がベストなタイミング。

 

ということで、今日はこのへんで。

 

ーかすやゆうぞう

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です