まずは人に嫌われることから

人に嫌われた方がいいんじゃないかと思う。

 

なぜなら人に嫌われることを気にして

自分が思ったことが言えないのは

生きててもつまらないから。

 

他人の顔を伺って

言いたいことも言えないのは

自分の人生を生きているとは

言えないんじゃないかな。

 

自分が思っていることを

ストレートに言えば必ず賛否両論ある。

 

っていうか、賛否両論がないものは

つまらなくて誰の記憶にも残らないから

話してる意味がない。

 

だったら、相手に好かれようが、嫌われようが

思ったことをストレートに言ったり

自分がやりたいように行動すればいい。

 

相手のためにと思っても親切にしても

相手の解釈次第で嫌がられたりすることは

いくらでもあるからね。

 

どっちに転ぶか分からないのなら

素直に言いたいことを言って生きた方が

楽しい生き方ができるんじゃないのかな。

 

もちろん、最低限のマナーはあるけど。

 

ストレートにエッジの効いたことを言う。

 

それこそが自分の価値。

 

言いたいことを言えば

周りから人がいなくなっていくけど

逆に面白いと思って何人かは集まってくる。

 

集まってくる人たちこそ宝だと思う。

 

でも、嫌われることを恐れて

当たり障りのない生き方をしてると

出会いもなく、何もないものになる。

 

それを知った上で

当たり障りのない生き方をしたいならいい。

その人の自由だからね。

 

まあ、僕は勇気を出して思うように

生きた方が楽しいと思うけどね。

 

昔から、距離を置かれたり

嫌われることが多かったけど

その分、人を選別する必要がないから楽。

 

僕に好意を抱いてくれる人は

みんないい人ばかりだからね。

 

ぜひ、素直に言いたいことを言って

生きていきたいね。

 

ーかすやゆうぞう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です