まずはやってみる効果。

昨日は勉強会を開催。

目的は、スキルアップ、、、だったのかな。

 

今までで最高人数6人が集まったのですが

準備もほとんどせず、コンセプトも曖昧なまま開催。

 

ちなみに、参加費もかかります。

 

え、そんな状態でお金をもらうの・・・と

あなたは思うかもしれませんが

これが僕にとっては大事なこと。

 

お金をもらうことで責任が生まれます。

 

内容がよくなければ批判もされますし

損したと思ってこのコミュニティーから離れていく人も出るでしょう。

 

でもそれは覚悟の上。

 

なぜなら、今までの経験上

まずはやってみないことには

何も分からないですから。

 

場の空気を肌で感じることで

気づきが得られます。

 

そもそも勉強会が必要なのか、ということも考えられます。

 

だからまずはやってみる。

それもお金をもらって、ですね。

 

で、実際に開催して思ったのが

誰に、何を約束するのかが曖昧。

 

昨日の場合、整体のスキルアップしたい人と

自分を開拓したい人に分かれました。

 

ゴールが2つあると満足度は落ちます。

2つのことを同時に満足させることは難しい。

 

チラシでもwebサイトでも言えますが

ゴールは1つが鉄則です。

 

じゃあ、ゴールを一つに絞るにはどうすればいいのか。

それは2つのコースを開講する、です。

 

スキルアップのコースと開拓コース。

この2つを作ることでゴールが一つに絞れます。

 

得られる結果も明確になるので

満足度も上がるかなと。

 

やはり、まずはやってみる、というのは

リスクが大きい代わりに得られるものも大きいです。

 

多くの人はこれらの順番が逆。

準備がまだ出来てないから、、、と言って

行動までに時間をかけてしまいます。

 

相手に満足してもらおうと想像で準備を進めます。

でも、満足するかどうかはやってみないと分かりません。

 

分からないものに時間をかけるのは無駄。

 

それならまず行動して

結果が出た状態から改善していった方が

時間のロスは少ないし、

うまくいく確率も大きいです。

 

何でもそうですが、

まずは形にしないと判断できせん。

 

 

でも、多くの人がこれができません。

なぜなら覚悟が足りないから。

 

スピードを早くするのは逆風がつきもの。

行動すればするほど批判なんていくらでも出てきます。

 

でも批判があるということは

それだけあなたが行動しているということ。

 

飛行機だってスピードを上げていくことで

空気の抵抗が強くなります。

でも、抵抗が大きくなるからこそ

機体を持ちげる力が働き上昇していけるのです。

 

批判なんてつきものなんだから

そんなもの気にせずにガンガン行動していきましょう。

 

ーかすやゆうぞう

 

P.S:アイキャッチは前にもアイキャッチに使った子供の頃の写真。子供の頃は、ほとんどの子供がまずはやってみる、だったはずなのに、大人になると行動できないのは何ででしょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です