なぜヨガマットを「manduka」にしたのか?

昼から妻とスタバに行って整体スクールのブログを更新。

 

僕がブログを更新している間

妻に「manduka」のヨガマットをネットで注文してもらいました。

 

「manduka」というと

ヨガをやっている人なら

一目置くようなブランド?らしい。

 

一目置くだけあって

値段も他のものに比べて高め。

 

マットの注文画面で値段を確認すると聞いていた通りの値段。

マットにこの値段を払うのか〜、となりました。

 

でも、こんなところで尻込みしてる場合じゃないだろうと

勢いに任せて僕と妻の分を2つ注文。

 

今までは、ヨガマットなしで

ごまかしながらやっていたのですが

25日からはからだ元気工房ヨガ部が始動。

(勝手にヨガ部にしました。)

 

ということで、参加者がいるので

さすがに人と一緒にやるのに

マットなしというのは格好がつかないな、と購入を決定。

 

 

 

 

で、なぜ「manduka」なのか?

 

それはケン・ハラクマ氏のインスタトラクター養成講座に参加した時に

高いけど「manduka」は間違いないと

と教えてもらったからです。

 

参加者はすでにヨガのインスタトラクターの人が多い。

ということは、ヨガを何年もやっていてヨガ事情に詳しい。

 

1回もヨガをやったことがない僕としては

ある程度の情報を仕入れることができたのはよかったです。

 

 

ちなみに、尻込みしそうな金額の時は

ヨガマットだけに限らず思い切って投資した方がいいです。

 

例えば、どんなセミナーに参加したらいいのか迷っているなら

高額でもその業界で実績ある人のセミナーに参加した方がいいです。

 

なぜなら、環境がいい。

参加者からも学べるということです。

 

もちろん、そういうセミナーになると

そこそこの金額になりますが

そこは思い切って投資をすることです。

 

環境の面で言うと高額なセミナーの方が

普段出会えない人たちと会うことができるので

そういう人たちに囲まれていると

自然と自分の成長につながります。

 

セミナーよりも勉強になることも多いです。

 

だから、尻込みするような金額だったら

あえて「GO」です(笑)

 

お金がないからセミナーに参加できない、ではなく

お金がないからこそ高額を払って参加した方がいい。

ないからこそ、投資するのです。

 

逆に安いセミナーに何回参加すると

そういう価値観を持って人たちばかり集まってしまうので

その環境は次のステップに行くのにブレーキになる可能性が高いですから。

 

自分を変えたければ

尻込みするほどの金額を払う。

 

お金を払うことで

何倍ものものが得られますからね。

 

 

まあ、あとは価値観の問題ですが

よかったら参考にしてください。

 

ーかすやゆうぞう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です