なぜ、塾へ通わせるのか?

うちの整体院に”お金がなくて通えません”という方がたまに来る。

話を聞くと、塾に子供を通わせているからお金がない、とのこと。

パートに出てもお金が足りず月5000円払うのもシンドイらしい

塾代をはらうためにパート出る。体を酷使してストレスをためる。自分が健康になるためのお金を節約する。健康から遠ざかる一方生活。自分の健康よりも子供の塾を優先する。親なら当然の行動だと考えがちだが本当にそうだろうか?

多くの人が子供の将来を考えて塾に通わせようとする。

でもこれってホントに必要なのか?

子供が勉強が好きで学校の勉強ではもの足りない、というのなら分かる。

でも、成績を上げて少しでもレベルの高い学校に行かせたい、そんな親がほとんど。

なぜ、学校という場で勉強しているのに塾に行かなければならないのか?

勉強するなら学校ですればいいし、分からなければ学校の先生に聞けばいい。

 

塾へ行くことはお金と時間の浪費でしかない。

塾へ行くにはお金がかかる。ほとんどの人は自分が働いた時間と引き換えにお金を得るので、自分の時間を使って塾に通わせていることになる。つまり時間の浪費をしている。

時間は有限。子供も大事な時期を無駄にする。

多くの子供たちが学歴をつけるために勉強している。

子供の頃は教科書を見るよりも実際に自分の体で体験することの方が大事なんじゃないのか。

うちでは子供を塾に通わせるくらいなら旅行に行く。

旅行先の土地や人、景色、音、匂いなどを実際に体感させる。

子供が塾へ行きたいと言ってもこの考えは変わらない。

 

塾へ行くことは目的ではない

 

大事なのはゴール。ゴールに行くための方法はいくらでもある。

周りが行くから自分の子供も塾へ行かせるというような安易な考えでは貴重な時間を奪う。

塾へ行かせるもいいが、もっと他に大事なことがあるのではないだろうか。

ーかすやゆうぞう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です