なぜ、味が分からないほど飲んで食べるのか?

 

昨日は七五三のお参り。

フォトスタジオで子供たちに着物を着せたあと

地元の熊野神社でご祈祷をしてもらいました。

 

あまりご祈祷をしてもらった経験がなかったので貴重な体験。

神社の建物の中の凛とした空気感が新鮮でした。

 

子供達にもいい経験だよな、と。

 

で、終わった後に

七五三のお祝いにいつもの洋食屋さんへ。

 

ご飯を食べてたら

その洋食屋さんのオーナーシェフの親友で

そのお店の近くで接骨院を経営している院長がきました。

 

七五三のお祝いで食べにきたことを伝えると

ワインをご馳走してくました。

 

ちなみに、主役は僕ではなく子供達なんですけどね。

関係ない僕がご馳走になるのもと思いながら、まあいいかと。

 

で、ご馳走になったので院長の隣に席を移し飲んでました。

 

家族は先に帰ってもらったので

それもあったのか、大須で飲み歩こうという話に・・・

 

断る理由はないので

行くならとことん食べて飲もうと。

 

で、

 

1軒目はまた洋食屋さん。

2軒目に名古屋で有名な中国台湾料理の味仙。

3軒目はステーキ専門店。

 

最初に行った洋食屋さんを含めると

合計4軒のお店を回ったことになりますね。

 

最後のお店では、シャトーブリアンだったと思いますが

普段食べないようなお肉が出てきたのに味を覚えていない・・・

 

とにかく胃袋に入れることで精一杯。

 

もったいない・・・

 

まあ、それでもこんな経験をすることはなかったので

自分の器を広げるためにはいい経験になりました。

 

21時には帰ってきたので遅くはなかったのですが

断片的な記憶しかないです。

 

そんな状態なので

営業日の前には絶対に食べない青菜炒めを食べてしまい

今日はニンニク臭でくさい。。。

 

いや〜、これは反省。

 

ニオイを気にしながら施術するのはきついです。

 

なんとか、午前中の施術を乗り切ったので

これからジムでいつも以上に汗をかいて

ニンニク臭を取り除きたいと思います。

 

ふと、思ったのですが

飲み過ぎと食べ過ぎの日は後悔することが多かったのですが

昨日の目的は自分の器を広げるために限界を超えることだったので

そういう捉え方をしたからかいつもよりは気分がいいですね。

 

ただ、こういう体験は年に1、2回くらいでいいですね。

 

時間、お金はもちろんですが

体調を崩すリスクと引き換えになるので。

 

ということで、これからジムに行ってきたいと思います。

 

ーかすやゆうぞう

 

PS:

写真は大須を飲み歩いたメンバー。

院長(右)以外はほぼ初対面。

全く知らない人と飲む。これもいい経験ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です