なぜ、会社員を選択しなかったのか?

今近所の喫茶店に来ています。

起きてすぐブログを更新することが多かったのでたまには喫茶店でブログを更新中。環境を変えるといつもと違う思考んなれるので喫茶店はありがたいです。

仕事をするのに毎回コーヒー代を払うのはもったいない。。。って思い方もいるかと思いますが、気分を変えるだけで仕事の効率が上がるのでたった400円で集中出来る環境が作れるなら費用対効果は抜群にいいと思います。

なので、最近は暇さえあれば、自宅ではなく喫茶店で仕事をしていますね。昔は暇さえあれば漫画喫茶で漫画を読んでいたのに、人って変わるものですね・・・(苦笑)

さて、今日はなぜ会社員を選択しなかったのか。

正確には8年前に会社員になったことがあります。長男が生まれたころですね。

何度もこのブログに書いていますが、整体院の売上が上がらず生活費を稼げませんでしたから結婚して子供が出来た時にはさすがにアルバイト生活で家族を養うのはどうかと考えました。

「ここまでやって売上を上げることができなかったのだから・・・」実際には何も行動してなかったのですが・・・^^;

まあ、けじめとして会社員になって我慢してでも働いて家族を養おうと思ったんですね。

そこで、友達が働いている会社の運転手が辞めたこともあり、条件もそこそこ良かったので就職しました。友達の紹介で入ったので辞めることを考えてなかったのですが、ちょうどリーマンショックで仕事がなくなり人が余っていましたから、会社もきつい時期だったと思います。

社長から「辞めたい人は辞めてもらっていい」と朝礼で言われ時に、辞めてもいいんだ、と思ったのを覚えています。

さらに、追い風が。紹介してくれた友達との間に入ってくれた方が左遷されたこともあり僕を縛るものはなくなりました。その人には恩を感じていたので裏切ることはしない。この人についていこうと決めていましたからね。

でも、辞めても迷惑をかける人がいなくなった、これはもう一度自営業者としてやれ、ということなのかなと。これを気に会社を辞めました。

社長には「こんな不景気に辞めたらどこも雇ってくれないぞ」と引き止めれれましたが、今の状況を考えると、僕の直感に間違いなかったですね。

で、会社員を選択しなかった理由が2つあることが分かりました。

1つは、給料が決めれらてるということ。

会社の利益んになるように働いても給料はほとんどあがりません。もちろん、余程のことがない限り下がることもないのですが、何だかそれでは物足りない。頑張って働いていればいつかは上がるのかもしれませんが、上司の収入を考えると魅力がありませんでした。

これが自分の価値か、思った時に安すぎだなと。

そして、もう一つは責任は上司が取るということ。

これがとても窮屈だったんですね。責任は自分で取る方がとても気がラク。行動してから考える僕にとって失敗をしないようにするのは効率が悪い。というか、つまらない。つまらいないと精神的に病んできますので悪循環になります。それこそ辞める時には悪循環がすごくて失敗しないように、するたびに失敗をして最後は人身事故まで起こし相手に怪我をさせてしまいました。

伸び伸びできないことが、こんなにも人の能力を押しつぶすのかといい経験になりましたけどね。だから、給料を決められずに責任を取るとなると社長しかないなと。

これが僕の会社員になれない理由ですね。

もし、あなたが僕と同じような感覚があるのなら、今売上が少ないから、生活出来ないから、と言った理由で就職することはオススメできません。きっと後悔する人生になるんじゃないかと思います。

それよりもコア・バリューとマスタープランを書き出し毎日の行動を書き出す方がいい人生を送れると思いますが、あなたはどう思いますか?

ーかすやゆうぞう

PS:写真は子供のころの僕ですね。会社員になる顔じゃないですね^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です