できるだけお金はかけない方がいい・・・当たり前だね!

From:粕谷雄三
自宅オフィスより、、、

ポスティングに行ってきました。朝の空気は気持ちがいいですね。台風が過ぎた影響なのか空気が澄んでいていいエネルギーをもらえた気がします。子供の頃から台風が過ぎた後は独特な空気感を感じます。気のせいかもしれませんが、汚れた空気やエネルギーをキレイに掃除してくれてるような感覚は当時から持っていました。台風が過ぎたあとの空気ってすごく好きなで台風に感謝の気持ちさえ湧いてきます。

さて、本題の経費はかけない方がいいという話です。

もし、あなたがマーケティングを勉強して広告費は必要な投資だからと惜しみなく投資しよう・・・と考えているのなら危険なサインかもしれません。なぜなら闇雲に広告費を増やすと売上は上がっても支払いばかりが増えて今以上にお金が手元から離れていくということになるかもしれないからです。

例えば、新聞広告、新聞折り込み、ポスティング、フリーペーパー、PPC広告、フェイスブック広告、YouTube広告など、いくつも投資するメディアはあります。これら全てに広告を出せば一気に売上を上げることができると思うかもしれません。

でも、実はその考えは間違えです。大事なのは売上を上げることではないからです。大事なのは利益です。利益を出すために投資しなければいけません。

そのために必要なのが計測です。どんな広告をしてもいいのですが、広告を出し続けるかどうかを決めるのは数字です。数字があることで投資すべきかどうかを判断することが出来ます。

投資しても1人あたりの獲得単価が分かっていなかったり、クライアントさんがのリピート率やライフタイムバリューが分からなかったら広告費をかければかけるほどあなたの貯金通帳からお金がなくなるかもしれません。

数字を出すと分かるのですが、思っている以上に経費がかかっていることがあります。気づいたら何ヶ月も赤字のものに投資していたなんてことも。(僕はありました・・・^^;)

だから、そうならないためにまずは計測して数字で判断できるようにすることです。

・月にいくらかかっているのか?

・月に何人獲得できていて一人当たりの獲得単価はいくらなのか?

・1回来ると3ヶ月間、もしくは半年間でいくらお金を使ってくれているのか?など

それによって今使っている広告費が適切なのかの判断がつきますからね。

それをせずにガンガン広告費を使って支払いばかりが増えていってお金がなくなっていくのはツライですよ。まあ、僕の場合は経験を積むために言われたことや勉強したことを素直に実践して確認したかっただけなので勉強代と考えればまだ納得がいくんですけどね。

だから、僕はポスティングスタッフを短い期間で辞めてもらったのも計測の結果、費用対効果が合っていなかったからなんですね。費用対効果を上げるためには自分でポスティングすることが一番でした。

でも、時間がもったいないとかいう意見もありますが僕の場合投資してもいいと考えています。自分でポスティングすることで獲得単価は下がりますし、オーディオブックを聞いて勉強の時間も確保できます。さらに運動にもなるので自分には価値があるなと。

 

お金も時間もそうですが費用対効果ですね。それが見合っている場合のみ投資する、これの意識をすることが利益を増やすコツかもしれませんね。

 

ーかすや

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です