ついに花粉がやってきました。

タイトル通り

今年も花粉症の季節がやってきました。

 

花粉症ってホントツライですね。。。

 

毎年、病院に行かなくても

どうにかやって来たのですが

今年はいつもよりもひどい予感がします。

 

花粉症にかかったのは20歳ぐらい。

当時は、耳鼻科に行って薬をもらっていたのですが

あまり効かなかったので

それ以来気合いで乗り切って来ました。

 

まあ、気合だけと言っても

うちにはアキュスコープという

微弱電流治療器があるので

それを使って治療はしていましたけどね。

 

アキュスコープを使うと

ある程度症状が改善するのですが

根本的な効果は期待できませんね。

 

あくまで対処療法だと捉えています。

 

今日も症状がひどいので

アキュスコープで治療しました。

 

ですがち治療後の方が鼻水が水のように流れて来ます。

 

今までの傾向からいって

一時的に症状がひどくなっているので

明日には症状が落ち着くはず、だと信じたい。

 

 

昨年までは薬なしで

どうにかしたいという気持ちが強かったのですが

今年は気が変わって久しぶりに

病院で診察を受けて薬を飲む予定。

 

何でも経験してみないと分かりませんからね。

 

ただ、今週はいつも以上に予約が埋まっているので

耳鼻科に行きるのは木曜日くらいかなと。

 

それまでにリサーチをすませる予定です。

 

 

今は情報が簡単に手に入りますから

自分なりの仮説を立て先生と話せる状態にしておきたい。

 

じゃないと人に頼ることになって

後悔してしまうかもしれませんから。

 

全ての責任が自分にある。

 

常にこれを意識していますから

できる限りの準備をしていくのは当然です。

 

なので、、、

 

・花粉症とは何か?

・なぜ、症状が起きるのか?

・治療法は?

・薬を飲むならどんな種類の薬があるのか?

・どんな効果が期待できるのか?

・薬の副作用は何か?

・根本的に治すにはどうしたらいいのか?

 

最低限これくらいのリサーチをしないとなと思っています。

 

うちに来るクライアントさんでも

知識がある人と知識がない人では

結果が全く違ってきます。

 

その理由は通うことができるかどうか。

 

 

ある程度知識を持っている人は

なぜ通わないといけないのか理由が分かっているので

何も言わなくても通ってもらえます。

 

あと認識のズレがほとんどないので

時間も無駄に使うことはありません。

 

 

相手に100%身を委ねるのならいですが

知識がないと不安が大きくなって納得いかなくなってしまいます。

 

短期的な利益が得られないと

すぐに通うのをやめてしまいますからね。

 

これは何かを整体のスキルを上がる時も同じ。

講師の言うことだけを信じるのではなく

自分でリサーチをした方がいい。

 

関連したことを自分でリサーチする人は

深く理解することができます。

 

深く理解できるということは

本質が理解できて

応用ができるようになるので施術結果も違ってきます。

 

そう考えるとリサーチ力が

結果に大きく関わっているのは間違いないですね。

 

才能があるかではなく、リサーチできるか

 

これが自分を成長させるには必要なのかもしれません。

 

ーカスヤユウゾウ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です